ハムログ [2人プレイボードゲームレビュー:評価7/10]

ハムログとは

2〜5人用

個性豊かなハムスターの力を借りながら、誰よりもたくさんひまわりのタネを集めることを目的とします。

こちら、以前にサイズソロプレイの投稿で紹介しましたソロボドゲ部 ひーさんよりお借りしている作品です。


いつもありがとうございます。

ソロボドゲ部チャンネルリンクはこちら

セットアップ


山札はハム山と呼びます。

3枚の手札とタネカウンターを持ってゲームスタート。


タネカウンターをスライドしていくことで、ひまわりのタネをカウントする仕組みです。

手番ではハム山から1枚引き、以下の3つから1つを選んで実行します。

①カードを使う。


手札からカードを1枚選択。


効果を使用して、自身の手元に置きます。

ここをハム場と呼びます。


2人プレイでは4枚のカードをハム場に並べることができます。5枚目以降は既に置いてあるカードに重ねて配置します。

4枚並べてからでないと、カードを重ねることはできません。

②手札のリセット。

手札を全てハム山に戻し、シャッフル。

新たに3枚引いて手札とします。

③パス。

何も行わずにパスします。

ゲーム終了条件


先にタネを10個集めたプレイヤーの勝ちです。

夫婦2人でプレイ!


初期手札はこの子たち。手番毎に1枚は必ずプレイできるので、好きな子をハム場に出してみましょう。


もう1枚カードを使える能力を持つハムスターもいます。連鎖させれば、1手番で複数枚のハムスターをプレイできます。


さあ、どんどんプレイしていきますよ!

能力はかなりユニークなものも含まれます。
  • ハム場を参照してカードの効果が変わるもの。
  • 相手の種を減らす妨害効果を持つもの。
  • プレイに一定のコストを要するもの
などなど。


例えば、こちらのグッズカード

手札を溜め込んだプレイヤーから、その手札をはたき落とすことができます。

逃がすとカード効果を適用できなくなってしまうんですね。

りょうたろ
ゆるい見た目の割に、意外と攻撃要素があります。笑


私の方がカードを上手くやり取りできました!

先に10個の種を獲得して、勝利です!

所要時間インスト込み15分ほど

感想

ゆるふわなゲームなのかと思いきや、ゲーマーでも楽しめるマネジメント要素があります。

正直、油断してました。笑

相手の種や手札をダメにするカードがけっこう含まれており、バチバチした対戦が楽しめちゃいます。

良い意味で期待を裏切ってくれました!

カードの効果もとってもユニークで面白い。サクッと遊べる戦略系ゲームとして活躍する場面が多くありそうですね!