今回の特集は見た目の割に…なボードゲーム です。
見た目は美しい、可愛い、馴染みやすいように感じるのに、様々な要因により思ったよりプレイヤーにスキルを要求してくると思った作品です。

何言ってんだ?こいつ?と思われてそうですが、ゆるゆる意味不明な内容を更新するのが当ブログの方針ですので、どうかご容赦ください。笑

あくまでボードゲーム大好き ポンコツプレイヤーの個人的な見解です!ご参考までにお願いいたします。

 



アズール

まずは2〜4人用 美しいタイル配置ゲームから。

プレイヤーはタイル職人のなり、宮殿を装飾していくというなんとも華やかなテーマ。
色鮮やかなタイルは質感が良いだけでなく、見た目にもとっても美しく出来上がった個人ボードを眺めてうっとりすること間違いなしです。

IMG_8054
ただ本作、見た目の割にガッチガチの実力勝負です。
特に2人だといかに相手にマイナス点を押し付けるかを脳みそが沸騰するまで考える完全アブストラクト
綺麗に装飾が進んでいく満足感とともに、多くのマイナス点を受け取った時の絶望感も味わえるなんとも貴重な作品です。笑
我が家では妻が圧倒的に強く、わたしはいつもボコボコにされますよ。(^^;)
世界中のゲーマーからの評価も高く、名作に違いないですね。

関連レビュー


エバーデール

続いて1〜4人用 

動物たちの街建設がテーマとなる
ワーカープレイスメント ゲーム

IMG_8055
立体的で目を引くコンポーネントに、
可愛い造形のリソース、動物コマ。

IMG_8056
そして愛くるしいイラストのカードたち。
これだけ見ると馴染みやすさ抜群ですが、
見た目の割にカードゲームとしての側面が強いと感じました。

IMG_8057
カードテキストの量が意外と多く、特に慣れない内はゲーム時間の大半をカードの確認に費やします。
相手や共通の場にあるカードも使える都合上、どうしても広い視野が求められるんですね。
カードコンボの要素もあり、何度も遊んでカード構成をある程度把握してからが真骨頂です。
ボードゲームに慣れていない方は初回プレイから満足にまわすのはなかなか難しいでしょう。
我が家では慣れる前に妻が若干疲れてしまいました。笑
ソロルールもあるので、1人で極めてみても良いかもと思ってます。笑

関連レビュー



アクアガーデン

1〜4人用 

kickstarterで入手した水族館経営ゲームです。
コンポーネントを手がけるのはハイクオリティな品質で有名なuchibacoya さん。
凝った造形の魚駒が並ぶ自分だけの水族館を作る楽しみに溢れた作品です。

IMG_8059
もうね、満足感の塊です。
見てください、この美しい水族館。
ルールも簡単なのでボードゲーム初心者にもオススメできます。

IMG_8058
上級ルールを導入するといきなりゲーマーズゲームに。
上級ルール用魚駒は可愛い見た目の割に意外とシビアな資金繰りを求めてきます。笑
獲得方法が収入の代わりに購入することになるので、お金に余裕がないと難しいんです。それぞれの金額も安くはないですしね。

でもやはり自分の水族館にぜひともディスプレイしたくなります!だって可愛いんだもの。←
結果、上級ルールを採用した初回プレイでは点数ガタ落ちの惨敗でした。笑
さすが上級。上手く使いこなせるようになりたいですね。

関連レビュー



アグリコラ カヴェルナ

みんな大好き!わたしも大好き!な
ウヴェ・ローゼンベルグ作
重量級ワーカープレイスメントゲームですね!

アグリコラは農場経営を、
カヴェルナは洞窟の農夫の生活をテーマにした
いずれもボードゲーム史に残る名作中の名作です。

IMG_8060

それぞれの作品では自分の個人ボードを持ちます。
可愛い動物コマ達を敷き詰めたり、

IMG_8061
部屋を作って家族を養ったりと
自分だけの箱庭を作っていく悦びに満ちた作品になっています。

見た目の割にポイントは…
察しがつきますね?笑
重量級作品の名に恥じない多めのルール分量
厳しい食糧供給問題です。

ワーカープレイスメントゲームということで、それぞれの作品には比較的多めのアクションスペースが用意されています。1つ1つはさほど難しくないのが幸いですが、それでも特に初回では何をやったらいいのか迷うこと必至。笑

IMG_8062
IMG_8063
アグリコラのカード、カヴェルナの部屋タイル
と言った要素も慣れるととっても面白い必須要素なのですけど、そこに到達するまでのハードルは低くはないと思います。

IMG_8064
厳しい食料供給も本作の特徴ですよね!
ひーひー苦しい農民生活、たまりません。笑


関連レビュー
設備を整えて、生産効率を高める小箱系カードゲーム
重量級作品の名作も多く手がける
アレクサンダー・プフィスターの作品です。

IMG_8330
ボードゲーマーには馴染み深いであろう、
クレメンス・フランツのアートワークも相まって初心者から幅広く楽しめる作品と思いきや…

小箱系の見た目の割にしっかり中量級です。
カードの情報量もかなり多く、慣れない人からすると重量級くらいに感じることも…。笑

カード構成をある程度把握していないと効率の良い建設が行えないこともあり、ゲーマー向けの作品だと思います。
個人的には小さい箱でしっかりとボードゲームを遊んだ感覚を味わえる貴重な作品で、重宝していますよ!

関連レビュー



いかがだったでしょうか。
よろしければ皆さんの見た目の割に…ボードゲーム も教えてください!^ ^


こちらもご覧ください!








コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット