カフェとは

1〜4人用 
プレイヤーはコーヒー会社経営者となり、ポルトガルの名高いコーヒーショップへ出荷することを目的とします。

BGGでは少人数プレイが比較的推奨されている様子。プレイ人数によるプレイ感の違いが良い意味でほとんどないみたいですね。

今回はカフェを紹介していきますよ!


ゲームの流れ

IMG_8746
IMG_8747

セットアップ
会社カードと対応した初期カードを受け取ります。
ゲームはアクションポイント制を採用しており、白キューブで表しますよ。
他のキューブとカードも準備します。

ラウンド毎に3枚のカードが公開されます。
内1枚を購入もしくは引き取ります。
残ったカードは捨て札へ。

IMG_8748
カップアイコンのあるカードを選ぶ際に購入となります。
倉庫からキューブを1つ支払わなけばなりません。
カップのないカードは無料で受け取れます。

IMG_8758
自身のエリアに船が2個あると、購入コストは無料になります。

受け取ったカードは自身のエリアに配置します。
カードには6つのエリアがありますが、新しく獲得したカードはすでにあるカードのエリアを2〜4つ覆うように置く必要があります。
これから置くカードは回転させても構いません。

アクションにはA〜Dの4種類があります。
それぞれ1回行う毎にアクションポイントを消費しますよ。
自身のエリアにあるカフェアイコンの数だけアクションポイントを保有します。
※ラウンド毎にリセットされます。

A.生産
IMG_8751
サプライからキューブを1つ取って一致する豆スペースに置きます。
IMG_8750
この時、隣接する豆スペースにも1アクションでキューブを置くことができます。

B.乾燥
IMG_8752
1色の全てのキューブを豆スペースから乾燥スペースへ移します。
隣接した乾燥スペースがあれば、同時に起動します。

C.焙煎
IMG_8753
1色の全てのキューブを乾燥スペースから焙煎スペースに移します。
もうお分かりですね?
隣接した焙煎スペースも同時に起動します。


D.出荷
IMG_8761
全ての焙煎スペースからキューブを取り、コーヒーショップもしくは倉庫へ移します。
出荷が全て完了し、一部分も隠れていないコーヒーショップからはゲーム終了時に勝利点を得ます。


8ラウンドでゲーム終了。
コーヒーショップからの勝利点に加え、
最も少なく倉庫に貯蔵したキューブ1個×2点
2番目に少なく倉庫に貯蔵したキューブ1個×1点
を計算します。



夫婦2人でプレイ

IMG_8756

それではスタート!
まずはカップアイコンのあるカードを購入してアクション回数を稼ぎます。
豆アイコンが繋がっているので、1アクションで5つのキューブを手に入れることができました。

IMG_8759
乾燥→焙煎へと繋げていきます。
出荷以外の各スペースは1色しかキューブが置けないのが悩ましいですね。
同じ色でも既に置いてあるスペースに追加できません。
1度のアクションでいかに効率的に処理するかが大事そうです。

IMG_8762
中盤の様子。
お互いに乾燥と焙煎が弱い。笑
頑張りましょう!

IMG_8764
思い切ってアイコンを潰した方が良さそう、
と後半ほど思います。
豆ばっかりあってもしょうがない。笑

IMG_8766
5点になるコーヒーショップに出荷完了しました。
点数的には高い方です。この調子!

FullSizeRender
が、ここでゲーム終了!
体感ではあっという間ですね。

結果は…
18-17の超ロースコア対決で勝利。笑

所要時間25分ほど



感想

プレイ感は軽いですが、悩ましい部分が多くて考え所満載ですね。自分のエリア上できちんと生産から出荷までのラインを作らないと高得点を取るのは難しそうです。この後ソロでチャレンジしてみましたが、25点に伸びました。笑

なんとなくコツを掴めてきそうです。次はもっと上手く出来るかもと思わせてくれる作品は個人的に好きなのです!繰り返しプレイすることで面白さがわかるタイプの作品ですね。

2人、ソロと経験してみたわけですが、はっきり言ってプレイ感の違いはほぼありませんでした。対人戦だとカードの取り合いがありそうに見えますが、毎手番必ず3枚の選択肢があるため、インタラクションは薄いですね。やり込みが甘いだけかもしれませんね。笑

小箱でしっかりとボードゲームを遊んだ感覚があり、やり応えのあるオススメの作品ですよ!

検索で引っかかりにくそうな作品ですよね。笑
カフェ   ボードゲーム
だとボードゲームカフェでしょうし。



購入情報

サニーバードさんで購入しました!



コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット
顔
星