ハリウッドセンセーションとは

2人用 トリックテイキングゲーム
1920年台のハリウッドを舞台に女優たちの争いをテーマにした作品です。

同ジャンルの2人用作品はわりと貴重なので、ついついチェックしてみました。
短い時間で熱い駆け引きの楽しめる良い作品でしたので、今回はハリウッドセンセーションを紹介していきますよ!

関連レビュー



ゲームの流れ

IMG_7612
セットアップ
山札から6枚ずつ配って手札とします。

IMG_7611
カードは4色、それぞれ数字が1〜7あります。
マストフォローのトリックテイキングなので、リードプレイヤーが出した同じ色を相手は出さなくてはなりません。同じ色同士であれば数字の大きいプレイヤーがそのトリックを取ります。

IMG_7613
マストフォローできず、違う色であった場合、場に重なっている話題カードの上にある色ほど強いとされます。

IMG_7614
トリックを取ったプレイヤーは共有山札横の公開カードを、取れなかったプレイヤーは山札の1番上のカードを獲得します。

14回のトリックを行うと山札、手札がなくなるはずです。
ラウンド終了時の処理を行います。

IMG_7615
赤および黄のカードを多く獲得したプレイヤーはそれぞれ+1点。

IMG_7616
紫および緑のカードを多く獲得したプレイヤーはそれぞれ-1点となります。

☆それぞれの色のカードで1〜7全てを獲得していた場合、その色の得点計算は行いません。
なので、得点が得られる赤、黄は全て獲得しないように、得点を失う緑、紫はなるべく全く獲得しないか全て獲得するように立ち回れば有利になります。

IMG_7617
ラウンド毎に獲得した得点の差だけポーンを移動させます。より多くの得点を獲得したプレイヤーに引き寄せるように動きますよ。

ポーンを1番端のマスに引き寄せるか、
3ラウンド終了時に最もポーン引き寄せていたプレイヤーの勝利です。




夫婦2人でプレイ

IMG_8355

それではゲームスタート!

IMG_8356
公開されたカードを獲得したプレイヤーは手札が少しバレます。
必ずしも勝ち続ければ良いわけでないのが面白いですね。

IMG_8358
上手いことマイナスを押し付けます。

IMG_8362
早くも1ラウンド終わり!
わたしは黄色でのみ勝ちなのでプラス1点。
一方妻はマイナスになる紫と緑で勝ってしまってマイナス2点。
さらに赤を全て獲得してしまってチャラに。
2人の点差は3点ですね。

IMG_8363
一気にポーンを引き寄せました!

IMG_8366
このラウンド、妻は手札を減らしてプレイしなくてはなりません。
一見不利に見えますが、減らした手札は妻が選んで脇に伏せておくため、こちらから手札の予測が難しくなります。
このルールが面白いと感じました!

IMG_8369
このラウンドは1つ返されてしまいました。
段々妻もコツを掴んできた様子。
こうなるとまずいんだよな。笑

IMG_8371
さあ、最終ラウンド!
最低でもこのラウンド引き分ければ勝ちです!

IMG_8373
と思っているのですが、なんだか妻にコントロールされている気がするんですよね。笑

IMG_8375
やられた!
上手いことプラスとマイナスを分配されてしまい、
ポーンがギリギリ向こうのエリアに。
逆転負けを喫してしまいました。

所要時間15分ほど



感想

シンプルながら
全取りで得点0や
負けていても手札をカモフラージュできる、
トリックを取った方の手札が構成を読まれやすい
といったスパイスの効いたルールにより、濃密な駆け引きを楽しめる良作だと思います。
トリックテイキングゲームの初心者には1度プレイした方がわかりやすそうですね。最初は練習と割り切るのが良さそうです。

特殊な効果もない点から、同ジャンルの入門的作品としておすすめできる作品です。

イラストも風情がありますよね。
プレイしている様子を横から見ると、
なんてお洒落でカッコいいゲームをしているんだろう!と思われること間違いなしです。笑



購入情報

テンデイズゲームズさんで取り扱いあります!



コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット
顔
星