センチュリー スパイスロードとは?

センチュリー3部作の1つ。

それぞれの作品は異なるゲームシステムですが、なんと任意の組み合わせで遊ぶこともできます!
良質なコンポーネントと程よい中量級であることがポイント。
2人でも十分に楽しめる作品となっていたのでご紹介したいと思います。

当ブログでは勝手に企画として、センチュリーシリーズそれぞれと全ての組み合わせの2人プレイの様子をお届けする予定なのでよろしくお願いします^ ^

記念すべき第1作目はこちらスパイスロード。

プレイヤーはスパイス貿易により、巨万の富、名声を築くことを目指す。

場のカードを入手しながらスパイスを変換し、最終的に勝利点の獲得につなげていきます。
デッキ構築&資源変換といったところでしょうか。

他シリーズのレビューも投稿しています!
センチュリー イースタンワンダーズ
センチュリー ニューワールド
スパイスロード+イースタンワンダーズ
スパイスロード+ニューワールド





ゲームの流れ

IMG_7672
2人プレイセットアップ。
プレイヤーは最初の手札2枚とスパイスを一定数持ってスタート。

手番でできることは
・手札のカードをプレイする。
・場のカードを獲得する。
・パスして捨て札をすべて手札に回収する。
のいずれかから1つを選択します。

IMG_7678
スパイスにはランクがあり、
黄→赤→緑→茶の順で価値が高くなります。
またプレイヤーが手番終了時に所持できるスパイスには上限があります。



IMG_7674
プレイするカードの左上のアイコンを参照します。
写真の場合、黄色のスパイスを2個得ますね!


IMG_7675
このカードはスパイスをちょうど2段階ランクアップさせることができます。
2つを1段階ずつでも、1つを2段階でも可能です。

IMG_7676
スパイスを変換するカードです。アイコンの通りの変換が行えます。

IMG_7680
場からカードを獲得する時は山札からの距離が重要になっていきます。
山札から1番遠いカードは無料ですが、山札に1つ近づくごとにそれより山札から遠いカードに自身のストックからスパイスを1つずつ配置しなければなりません。
スパイスが配置されているカードを獲得する時には、そのカードの上にのっているスパイスを一緒に得ることができます。
獲得されたカードは手札に入り、場の空いたスペースを詰めて山札からカードを補充します。
このゲームのデッキ構築要素ですね!


IMG_7677
勝利点カード。このカードを集めることが本ゲームの目的となります。
カード下部に描かれているスパイスを支払うことで獲得できます。
こちらも空きスペースには山札から補充されますが、山札から遠いカード2枚には先着でコインのおまけがつきます。金が3点、銀が1点になるので、油断していると差をつけられてしまいます!


勝利点カードを一定数獲得したプレイヤーが現れたら、スタートプレイヤーより全員が同じ手番数行ってゲーム終了。
勝利点カード、コイン、黄色以外のスパイスから勝利点を得て、最も多いプレイヤーが勝ちます。 



夫婦でプレイ!

マニュアルには2人プレイの場合、勝利点カードを6枚獲得したら終了とありますが、我が家ではハウスルールとして4人プレイ時と同じ、5枚獲得で終了にしています。
程よい緊張感があり、テンポが良くなるので、おすすめですよ!^ ^

夫婦プレイ:ハウスルールで所要時間30分ほど。
IMG_7681
序盤はとにかく効率よくスパイス交換ができるようにデッキ構築を行なっていきます。
拡大再生産要素はあまりないゲームです。
勝利点カードを獲得するためにスパイスを放出してしまうので、またスパイスを用意するためのエンジンを組んでおく必要があります。

IMG_7682
価値の高い茶色のスパイスはより高い勝利点カードを獲得できるチャンスがあるので、揃えておきましょう!

IMG_7683
まずは1枚目獲得!
このゲームの1番高い勝利点カードは20点なので16点はまあまあじゃないでしょうか?
ただ、コインは取りそびれてしまいました。

IMG_7686
あちらもカードを獲得している様子。しかも金コイン2枚…。
うかうかしていると突き放されてしまいます。
手札以外はすべて公開情報なので、お互いに狙っているカードが被ると容易に取り合いになります。んで、取られた笑


IMG_7690
負けじと対抗。
こちらは勝利点は少ないけど入手しやすいカード、あちらはその逆を所有しているようなので、ここからは逃げ切り作戦にします。
5枚さっさと獲得してゲーム終了トリガーを引きにいきましょう!


IMG_7688
1度に4つスパイスを獲得できるカードもあります。
初期手札のものとは単純に火力2倍。
変換に困ったときにとりあえず打てるので便利ですよね!

IMG_7693
そのままこちらが5枚獲得して即終了!
わたしが後攻だったので、え?もう終わり?とあっけにとられてました笑

結果は63-61で勝利!
3枚ずつの時点では惨敗でしたが、早期終了作戦が功を制したようです。
むこうがあと1枚でも獲得していればおそらく負けていたでしょう。
もう1手番あったら獲得できていたようです。
このように5枚獲得ルールだと臨機応変な対応でゲームを有利進めることができるので、スピード感もありおすすめですよ!



感想

本ゲームはよく拡大再生産の名作、宝石の煌きと比較されますが、プレイ感はだいぶ異なるかと思います。
宝石の煌きは獲得したカードを今後、支払いコストの値引きに使うことができますが、センチュリー スパイスロードでは獲得した勝利点カードはゲーム中特に効果を発揮しないため、また1からスパイス生成を行っていく必要があります。
カードに強弱はありますが、資源変換のレートはある程度定まっているので拡大再生産というよりかは、いかにうまく自分の手元に効率の良い変換エンジンを構築していくかということがわかります。
1度うまくまわすことができれば、テンポ良く勝利点カードを獲得することができるようになるので爽快感があります。
今回のプレイ記の後半がまさにそれでした。

難しそうに聞こえますが、カードにテキストなどはなく、手番で行えることも1つとシンプルなので導入は比較的容易でしょうか。
2人だと、勝利点カードの取り合いが少しマイルドになるのでのびのびとプレイできますね^ ^

序盤に大差をつけられてしまうとなかなか挽回が厳しい気がします。
そう感じるようであれば我が家のようにハウスルールの導入などで対処すると良いかと思います。
ゲーム性を破壊しない限りのルール変更はわたしは有り派です。あくまでもゲームなのでプレイしている人たちが楽しめればそれが1番ですから^ ^

とりわけ、本作は中量級で取り回しやすいゲームをお探しの方にはとてもおすすめできる作品です!
これだけ出来が良いとセンチュリーシリーズの他の作品もプレイしたくなりますよね!
追ってレビューをお届けしていきたいと思います。



ご購入はこちらから!

駿河屋

ボードゲームセンチュリー:スパイスロード 完全日本語版 (Century: Spice Road)

Amazon

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット
顔
星