クアルトとは

ギガミック社より発売されている2人用ボードゲーム。
ギガミックの製品はどれも質の良い木製コンポーネントでして、触れているだけでも満足感があります。

中でもお気に入りであるクアルトを紹介していきます!

わたしが所有しているのはクアルト ミニです。
通常のクアルトよりコンパクトですが、ルールは変わりません。


ゲームの流れ

変則的な四目並べです。


IMG_9685
コマはご覧の通り、複数種ありますが1つとして同じものはありません。

ゲーム盤の縦、横、斜めに以下の共通の要素を1列並べることができれば勝利です。
IMG_9686
色

IMG_9688
高さ

IMG_9687
丸か四角

IMG_9689
穴の有無

手番では1つのコマを配置し、条件が揃えば
「クアルト」と宣言します。

本ゲーム最大のポイントは、
自分が配置するコマは相手が選ぶ点です。
自分で選んでたら簡単ですしね。

うっかり相手に勝たせてしまったり、逆に勝利条件に気づかなければそのままゲームを続行したりと通常の四目並べでは発生しないことが起き得ます。
実際にプレイしてみましょう!



夫婦2人でプレイ

IMG_9752

とりあえず最初は様子見で。
考える暇を与えないように、ペース良くコマを与えるのが作戦の1つです。笑

IMG_9754
リーチができてますね。
他にも揃いそうな雰囲気も。
色が薄い方を渡さないように…。

IMG_9756
相手も気づいているので、なかなか完成しません。

IMG_9757
とりあえず1箇所潰しますが、また新しいリーチ。
色が濃い方は渡せません。

IMG_9758
ここで痛恨のミス!
向こうにコマを渡すターンですが、詰んでます。
お分かりでしょうか?
表情に出さずなんとか気づかれないように祈ります。笑

IMG_9759
…………あ、バレませんでした。
あとで教えてあげましょう。笑
この見逃しがあるのがクアルトの特徴ですね。
どんなに集中してても、わたし達夫婦のような凡人には4つの要素のどこかが脳内で欠けます。笑

IMG_9760
こうなってくると心理的に俄然こちらが有利です!
もらったコマを置いて…

IMG_9761
クアルト!
穴が空いてる1列の完成です。
いやー、危なかった。

終わってから先程の見逃しを伝えると、やはり気づかなかったそう。笑


所要時間10分ほど



感想

繰り返しプレイしたくなる魅力がこのクアルトにはあります。気づいたら何ゲームもしてたなんてザラです。

運要素はないアブストラクトの部類に分類されますが、1ゲームにかかる時間も短く、ルールも極めてシンプルなので苦しさはほとんどありません。

経験者でもうっかり見逃して負けることがあるのが良いですよね。お子さんとプレイする機会がある方はわざと負けてあげるのもお約束ですよ。笑

ギガミックの製品はどれもゲームとコンポーネントの質が良いです。インテリアとしてもお洒落ですよね。

とてもおすすめの作品です。^ ^



購入情報

投稿時点、Amazonで適正価格で手に入ります!