タギロンとは

2〜4人用 数字当て推理ゲーム
たぎる、論理

シンプルなルールにコンパクトなプレイ時間の小箱系ゲームですが、めちゃくちゃ頭使います。
脳みそが沸騰する感じが病みつきになる中毒性の高い作品。
黄色いパッケージは新版。
赤は旧版なので、今入手しやすいのは新版でしょう。


今回はタギロンを紹介していきますよ!

ヨメンのレビューも投稿しました!




ゲームの流れ

2人プレイルールの解説をします。

0〜9の数字タイル
5のみは黄色が2枚
他の数字は赤と青が1枚ずつあります。

IMG_0997
セットアップ
プレイヤーはそれぞれついたてを持ち、内側に数字タイルを5枚並べます。
大事なのは左から昇順で並べること。
同じ数字は赤が左に並ぶようにします。


手番では、
①質問カードを使う
②数字当てに挑戦する
のいずれかを行います。

FullSizeRender
質問カードは場に出ているものを1つ選び、相手は正直に答えなくてはなりません。

FullSizeRender
お互いの情報を共有する必要があるものもあります。


数字を当てる際は、色と数字の全てを的中させなければなりません。
もし1つでも違う場合、宣言された側は不正解であることだけ伝えます。具体的にどこが間違ってたかは教えなくて良い。
外してもペナルティはなし。相手の手番に移ります。

原則、宣言に成功したら勝利です。
それが先手プレイヤーだった場合、後手プレイヤーにそのまま宣言の権利が1度のみあります。
後手プレイヤーが当てることができたら、引き分けとなります。



引き出した情報はメモすると良いですが、
JELLY JELLY CAFE さんより超便利なメモアプリが出ています。
我が家ではこちらを使用していますよ!




夫婦2人でプレイ

IMG_1026
わたしの数字はこちら。
良い感じに色と数字がバラけた気がします。


以下メモ画面のスクリーンショットを掲載していきます。


IMG_1030
自分の数字、色はチェックを入れて除外します。

あちらの先手でゲームスタート!


IMG_1031
8はないみたいです。

IMG_1032
赤が1枚ですね。
5が2枚ない限り、青が多いかな?

IMG_1033
3もなし…
存在する数字が聞きたい。笑

IMG_1034
青の数字の合計は10だそうです。
0.4.6か4.6の組み合わせですね。

IMG_1035
5の位置を聞いたところ、真ん中か…

IMG_1036
やんわり予想…。
青4は確定でしょう。
右側の6が…赤だと違う可能性が…
※同じ数字だと赤が左にくるため。

IMG_1038
メモ忘れてますが、青は合計3枚のようです。
左の青0が決まりですね。
そろそろ当てないとやばいぞ。笑



妻「はい、わかった。左から赤0.青1.赤4.青7.青9。」

………合ってる。笑

いや、待て!
後手のわたしにも1度チャレンジの権利があるぞ!
勘で当たるかもしれない。
引き分けに持ち込む!

わたし「左から青0.青4.黄5.青6…」
妻「はい、残念〜!!」
わたし「………?!」

IMG_1039
ぬ…!恐れていた赤6があったか(^^;)
あと1つヒントがあればわかったのに!
悔しい!もう1回!

所要時間1ゲーム5分ほど



感想

2人プレイしか経験がありませんが、手軽に論理思考ゲームを楽しむには本作はうってつけでしょう。
ポンコツプレイを披露しておきながら笑

数字を当てることができた時の快感はもちろんですが、負けても感想戦がとっても盛り上がります。
あー、あと1箇所の数字がわからなかった! とか
数字はわかってたけど、色が自信なかったわー
などなど。

実力が伯仲した同士ですと、1〜2手番の差で勝負がつくことが多いため、惜しかったと思わせてくれるんですよね。
1ゲームにかかる時間も短いので繰り返し遊びたくなる中毒性があります。さすがに連戦しすぎると疲れますが。笑

メモアプリがほんとに優秀で使いやすいので、特に初心者には導入を強くお勧めします。
慣れたら、メモなしでプレイしてみても面白いでしょう。

お値段も箱もコンパクトで取り回しの良い作品です。
ぜひお試しを!



購入情報