拡張「巨人の時代」とは

キングドミノもしくはクイーンドミノ
いずれにも追加して遊べる拡張セット


我が家ではクイーンドミノを所有しているので、
今回はクイーンドミノ+巨人の時代のレビューとなります。




基本セットのみのレビューは投稿しています。
変更点を中心とするので、よろしければ先にご覧ください。


巨人たちが王国建設にどのように関わってくるか、
注目ですね!


拡張による新要素

IMG_1091
まずは追加タイル
基本セットにすべて混ぜて使用します。
アルファベットが表記されているものは、
数字の前にディスプレイに並べます。

IMG_1092
表。
アルファベットタイルには巨人が、
数字タイルには足跡が描かれています。

IMG_1093
巨人は対応するコマがあります。
先に言っちゃうとこいつは邪魔者です。
巨人が描かれているタイルを獲得したプレイヤーは巨人コマを1つ受け取らなければなりません。

IMG_1094
獲得した巨人は自身の王国にある王冠1つを隠すように置きます。
隠された王冠は勝利点計算ができなくなります。
厄介ですね。しかし、対抗策もあります。

IMG_1095
足跡タイルを獲得したプレイヤーは自身の王国の巨人1つを他の任意のプレイヤーの王国に押し付けることができます。
押し付けられたプレイヤーは同様に王冠1つを巨人で隠さないといけません。
他プレイヤーを妨害する要素が追加になりました。

IMG_1096
クエストタイルというものもあります。
他のタイルとは混ぜません。
ゲーム開始時に2枚ランダムに選択して、場に置いておきます。
描かれている条件を達成すると追加勝利点を得ます。

IMG_1101
IMG_1097
本拡張セットにはタイル収納ケースが付属します。
クイーンドミノとタイルを混ぜると裏面のデザインが違うので区別がついてしまいます。

IMG_1098
そこで、収納したタイルを1枚ずつ取り出すことができるように工夫されています。見た目にも楽しい仕掛けですね。



IMG_1099
タイルの総枚数が増えたので、5人まで対応できるようになりました。
追加の城が入っています。


それでは実際にプレイしていきましょう!



夫婦2人でプレイ

IMG_1145
2人プレイではタイルを5枚並べて…

IMG_1146
真ん中の1枚を抜いて4枚に調整します。
これにより、
数字より低いアルファベットの巨人タイルや、
数字が大きい足跡タイルが除去されにくいです。
拡張ルールが存分に楽しめますね!

IMG_1147
使用するクエストタイルはこちら。
王国が中心にあれば10点
四隅の指定の土地1つにつき5点です。
うまくいけば大量得点が期待できますね。

IMG_1148
最初の獲得タイルはこちら。わたしがオレンジ、妻が白です。

IMG_1149
いきなり女王獲得!
おや?あちらが獲得するタイルは…

IMG_1150
巨人
裏面もしっかり凝ってるのが素敵。笑
足跡は獲得できるとは限らないですからね。
押し付けましょう。

IMG_1152
とか言ってるそばから巨人押し付けられた(^^;)

IMG_1154
さらに押し付けて…

IMG_1155
返される。
なんだこれ。笑

IMG_1158
今回もなんとなく置ききりを目指しています。
横は7列に達してしまったので、縦で調整しましょう。
クエストタイルのど真ん中城はかなり難しいですね。(^^;)


IMG_1160
次のタイルのめくれ、ひどいですね。笑
勝利点なしはおろか、巨人がついてきます。

IMG_1162
ゲームはいよいよ終盤。
あちらに巨人がいませんね。
なんとか押し付けたいのですが、なかなか足跡タイルが出ない!

IMG_1163
うまくいけば埋められそう。
…勝利点が少ないかな?

IMG_1164
最後のタイル獲得。
これは…まずい。
余り物パターンじゃないですか。(^^;)

IMG_1166
あちらは全てのタイルを配置できた様子。
よく見ると…巨人がいない!
すると、どうなるでしょう…

IMG_1167
ぎゃー!
我が王国が巨人に蹂躙されています。(^^;)
最後の手番順が良くなかった。
足跡タイルを獲得したものの、地形が合わないため配置できず…。
あちらの足跡により最後の最後に巨人を押しつけられてこの有様。笑


116-171で惨敗。笑

所要時間30分ほど



感想

基本が穏やかな王国建設ゲームだったので、わざわざ妨害要素を追加するのはどうなのだろうと正直、思っていました。

これはこれで面白いですね!
女王と同じく巨人も行ったり来たりする様が見ていて愉快です。笑

巨人を追いやりたいがために、足跡タイルをどこかの場面でとりたい…。
しかし、裏面の数が大きいので次のラウンドの手番が遅くなり、もっと欲しいタイルが取れなくなる可能性がある…どうしよう、と言ったジレンマが発生します。
これが良い感じに悩ましい。
プレイヤーに考えさせるあたり、拡張の要素がしっかり機能していると言えますね。

クエストタイルも面白い要素です。
基本だと7×7に置き切りたい気持ちが強かったですが、新しいクエストにより様々なタイル配置にチャレンジする動機が生まれますね!

マストバイ!というほどではありませんが、気分によって導入してみると違ったプレイ感が楽しめる良拡張だと思います。^ ^