オルレアン 拡張「侵略」とは

バックビルディングゲームの名作である
オルレアンの第1弾拡張セット。6つのモジュールが含まれており、
なんと内3つはソロプレイシナリオ!

ソロプレイ愛好家のわたしとしては見逃すことはできません!笑
どんな仕上がりになっているのでしょうか。
とっても楽しみです。^ ^

基本セットの初回プレイ、
リプレイレビュー投稿済みです。
基本ルールや戦術について触れているのでよろしければ先にご覧ください。


ソロシナリオ 〜要人〜

IMG_1302
セットアップ。
基本ゲームのメインボードを使用するので、
かなり場所を取ります。笑

IMG_1303
今回挑む要人シナリオの難易度は同梱のもので1番低いです。
ゲームは全16ラウンド。(基本では18でしたね。)
イベントは全て順番が決まっており、公開されています。

IMG_1305
目標は16ラウンド終了までに
市民タイルを8枚(簡単モードでは7枚)集めること。

IMG_1304
メインボードのマップ中、
指定の位置に市民を配置します。
商品タイルは使用しません。
市民のある地点に到達すると獲得できます。
残りの市民の内、8枚を任意の位置に配置します。
獲得しやすい位置にするのがポイントですね。

IMG_1306
初期資金の代わりに駅馬車の場所タイルを受け取ります。騎士を配置して、3金支払うと陸路もしくは水路のいずれかを進めることができます。


IMG_1308
建物は基本セットよりカテゴリⅠ、Ⅱを5枚ずつランダムに選びます。
基本ルールと同様に交易商のチップを獲得した時に建てることができます。

IMG_1307
それぞれのチップは4枚ずつストックします。
商品および砂時計タイルは使いません。



セットアップは大体以上でしょうか。
それでは実際にプレイしてみましょう!



ソロプレイダイジェスト

IMG_1309
IMG_1310
1、2ラウンド目はそれぞれ大学、村のアクションができません。
なので、船長→騎士、農家戦法で行きます。


IMG_1311
最初4ラウンド使えないアクションが地味に効きます。

IMG_1312
収入もありますが、その分支払いも発生してきます。
準備しておかないとチップや発展トラックなどで代用しないといけません。
8ラウンド目の技術税(歯車1つにつき2金)が中々嫌らしいですね。笑

IMG_1313
IMG_1314
マップは積極的にまわる必要がありそうです。
市民さんを回収していきましょう。

IMG_1315
ハーブ園には活躍してもらいますよ!

IMG_1317
船長とお金を蓄えておきます。

IMG_1318
なんとか技術税を乗り越えたので、ここから歯車を設置していきます!

IMG_1321
マップをめぐりつつ、発展トラックも進めて市民はとりあえず3つです。
半分のラウンドが終わってしまっているのでペースを上げねば。

IMG_1324
駅馬車を使用したいのですが、お金が足りません。笑
公共事業でお金をもらいつつ、市民獲得を狙います。

IMG_1326
なんとか10金を捻出します。
市民さん達が並んでいくのが可愛いですね。笑

IMG_1328
しばらく出費の予定はありません。
今のうちに駅馬車で移動します。
お金はかかりますが、騎士1つで済むので積極的に活用したいです。

IMG_1329
ストックにある4つのチップだけでは、
市民を獲得するのに充分な発展トラックを得られません。
図書館の建物を用意しておきます。

IMG_1331
目標の市民は

城アクションの4回目、
マップから1つ、
発展トラック、
公共事業、
の4つです。
引き事故に合わないように…。笑

IMG_1333
ゲーム開始時から恐れていた破壊工作。
このラウンドは歯車を配置したアクションは実行できません。
次のラウンドは駅馬車が使用不可。
計画的にアクションしましょう。

IMG_1334
城の4回目実行!
さらに公共事業にも人を送り込みます。

IMG_1336
IMG_1337
よしよし、あと1人!
こうなったらあとは余裕ですね。

IMG_1338
IMG_1341
図書館で発展トラックの途中の市民を迎えにいきます。

IMG_1342
1ラウンド残して8人達成!
ゲーム開始時は無理そうに思えましたが、
後半になるにつれアクションが強化されるので、
なんとか稼ぎ切ることができました。

所要時間40分ほど



感想

まず何より驚くのがソロプレイ作品としての完成度です。

多人数用ゲームのソロはルール確認もしくはおまけ程度のものであることが多いのに、オルレアン「侵略」に関しては他のソロプレイ専用作品と比較しても遜色ないくらいです。

特に好感が持てたのが、イベントがランダムでなく運要素が軽減されている点です。
予め公開されているので、それぞれのイベントに向かって戦略を練っていく楽しさがあります。

チップの引き運ももちろんありますが、バックビルディングゲームなので中身を把握するところまではできます。
引いたチップでいかに上手くアクションをまわすか、プレイヤーの手腕が問われますね。

要人というテーマとシステムも一致しており、没入感たっぷりです。

絶妙な難易度でしたが、これでもまだまだ最低難易度。
他のシナリオもとっても楽しみですね。