枯山水とは

2〜4人用 タイル配置ボードゲーム
その名の通り、美しい枯山水を作ることを目的とした国産ゲームです。
英語でStone Gardenって言うんか。そのまま。笑

圧倒的クオリティのコンポーネントが特徴の本作。

今回、夫婦でプレイする機会があったので紹介していきますよ!


ゲームの流れ

IMG_9795
セットアップ
メインボード、個人ボードを用意
今回は2人用ルールを選択しているので、カードの枚数はこんな感じ。

IMG_9792
プレイ人数によって使用する石の数が決まります。
見てください、この超ハイクオリティ。
石には以下の種類があります。奥から
横石、立石(小)、臥石、立石(大)、舟石

IMG_9793
個人ボードに場から獲得したタイルを配置します。

IMG_9796
名庭園カードは達成しているとゲーム終了時にボーナスを得られます。
2人プレイでは3枚公開され、共通目標となります。
ボーナスを得られるのは1枚だけからなので注意。

IMG_9797
手札として、作庭家カードを受け取ります。
2人プレイなら3枚。
手番中に1枚まで使えます。

IMG_9799
メインボードには徳ポイントトラックが設定されています。これにより、プレイヤーは様々なアクションを行うことができます。



手番は以下の手順1,2の流れで進行します。

手順1
IMG_9798
メインボードからタイルを1枚引きます。
以下の選択肢があります。
IMG_9800
・個人ボードにそのまま配置する。
最初の場合、庭園の左上か左下のみで、禅僧コマを置く。今後、タイルは既にあるタイルに隣接させて置かなければなりません。
☆他プレイヤーは配置を宣言したプレイヤーに対し、強奪をすることができる。2徳ポイントを失ってそのタイルを強奪し、自分の個人ボードに即座に配置する。

IMG_9801
・双方合意の上、相手プレイヤーに譲渡する。
譲渡した場合、1徳ポイント獲得。
受け取ったプレイヤーは即座に個人ボードに配置しなければなりません。

IMG_9802
・徳ポイントを1失う代わりに廃棄。
徳ポイントが0の時は実行できません。

IMG_9803
・保管。1枚に限る。
後の手番で通常アクションに加えて個人ボードに配置できます。

手順2
以下の4つのアクションから1つを実行する。

①座禅
何もせずに、徳ポイントトラックを1進める。

②禅僧コマの移動
IMG_9804
IMG_9805
上下左右いずれか1マス、配置済みタイル上を移動する。

③石の獲得、設置
IMG_9806
メインボード上の表を参照。
徳ポイントを全て失って、獲得可能な石を個人ボードに配置します。必要以上のポイントを持っていても石の獲得後は必ずポイント0になるので注意。

IMG_9807
獲得した石は禅僧コマのある縦1列いずれか、まだ石が置かれていないタイルに配置します。

④作庭家カードの使用
IMG_9808
手札から1枚使用して捨て札にします。


いずれかのプレイヤーが個人ボードを埋めたらゲーム終了に向かいます。
埋まっていないプレイヤーは今後、手順1で配置もしくは保管のみ行えます。
埋まったプレイヤーは手順2のみを実行。

全プレイヤーが埋まったら得点計算です。 

本作の得点計算方法は実際の枯山水の出来に準じていることもあり、かなりパターンが多いです。笑

IMG_9809
円の構成や、

IMG_9810
左右対称性、

IMG_9811
特定の石の配置などにより点を得られます。
全てを紹介するのは中々大変なので、ダイジェストの中で登場したものを紹介しますよ!



夫婦2人でプレイ

IMG_9849

配られた作庭家カードはこんな感じ。
渋すぎ。笑

IMG_9852
下から埋めていきましょうか。
半円でも形成できれば点になります。

IMG_9853
千利休
禅僧コマを実質アクションなしで移動できます。
まずは臥石を獲得。

IMG_9855
妻は苔のタイルを獲得してますね。
苔タイルはそれだけで1枚2点になります。
さらに、ボード上部の苔タイルに特定の配置で石を置けば追加勝利点になりますよ。

IMG_9858
わたしも上部に着手していきます。
立石(小)を配置。

IMG_9861
さらに立石(大)を配置。
苔タイルも繋がっていい感じ。
もう1つ立石(小)を置けば三尊石ボーナスを得ることができます。

IMG_9862
しかし、ここでタイルを置き切ってしまいました。もう1つ石を置きたかったなぁ。

砂紋を形成する最大の長方形
苔タイル
円もしくは半円
桂馬置きの石
中心列の臥石
から得点。

名庭園は達成できず。

禅僧コマで見えないですが、この位置と合わせて2箇所途切れてしまってるとこが減点。

結果は35点。

IMG_9863
一方妻の枯山水。
石の配置こそわたしと同様に平凡ですが、
途切れている箇所がありません。
失点はおろかこれでもボーナスとなるので
47点。

明らかに見た目で負けてますね。(^^;)

所要時間30分ほど



感想

システムはめくれ運に左右されるタイル配置ゲーム、といったところです。タイルの譲渡や強奪と言った独自の要素によって他プレイヤーとの絡みある程度で、ソロ感は比較的強めでしょうか。
2人でもそこそこ面白いです。

本作が愛されるのは、やはり作り手の愛が感じられるこだわり満載のコンポーネントからでしょう。
はっきり言ってボードゲームでこの石コマのクオリティは良い意味で異常です。笑
造形や塗装はもちろん、重量感もしっかりあり、ついつい触れたくなってしまうこと間違いなし。
こんなハイクオリティな石を自分の枯山水に綺麗に配置できれば満足感たっぷりです。
現に妻は砂紋の途切れない美しい庭を作り出して、ご満悦の様子でした。笑

こだわりの石コマにはぜひ実際に触れて体験して欲しいですね。



購入情報

ニューゲームズオーダー 枯山水 新装版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)



コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット
顔
星