ウルビオン/エクィリブリオンとは

1〜2人用 カードゲーム

以前にレビュー投稿した

オリリムやシルヴィオンと同じシリーズの作品です。


日本語ルール付きのものは流通が少ないのですが、今回運良く駿河屋さんで入手することができました!

今回はウルビオンの紹介です。


Twitterでプレゼント企画開催中です!



2人用&拡張ルール紹介投稿しました!





ゲームの流れ

カードにはいくつか種類があります。
まずは夢カード。以下の3種類。

+を表すソニア
IMG_1159

-を表すインキュバイ
IMG_1160

そしてお邪魔要素である混沌があります。
IMG_1161
混沌のみ±いずれにもなります。



IMG_1162
クリア条件となる街カード


IMG_1163
セットアップ
夢カード、街カードそれぞれ良くシャッフルし山札を作ります。
街カードの山から4枚めくり、場に公開します。

IMG_1164
夢カードの山からそれぞれの街カードに対し、
2枚ずつめくって配置します。
+のソニアは右側
-のインキュバイは左側
混沌は±いずれかに偏るように
置いていきます。
この時、カード上部のアイコンは無視します。


IMG_1165
4枚になるように夢カードの山から手札を引きます。
この時、混沌カードを引いてしまったら、場の街いずれかにまたしても±が偏るように置かないといけません。4枚になるまでこの処理は繰り返されます。


手番では
カードを1枚プレイして、山札から補充
もしくは
カードを1枚捨てて、山札から補充
のいずれかを行います。

IMG_1166
カードをプレイする際は
先程のソニアは右側、インキュバイは左側に、
それぞれ3枚まで、さらに
街カードとアイコンが一致していないといけません。


カードを捨てると以下の①、②いずれかの効果を使えます。

①交換
IMG_1167
IMG_1168
同じ側同士の2枚を入れ替えることができます。
混沌カードを対象にしてもOK


②均衡の確立
IMG_1169
街カードの左右にあるカードの数字の合計が0になる組み合わせでカードを捨てることができます。
その街の全てのカードを捨てれば均衡を確立し、得点できます。カード1枚を捨て札にすれば、合計0になっている街をいくつでも得点可能。
この場合、1枚の捨て札で上から3つの街全てを一度に得点できます。



IMG_1170
得点された街は得点カードとして脇によけ、
そこにあった夢カードは全て捨て札にします。
ゲーム開始時と同様に空きスペースには街とそれぞれ夢カード2枚ずつを準備します。

IMG_1194
IMG_1195
得点にはできないけど、一部分だけで均衡を取ることもできます!カード枚数が調整できます。


1度に4枚全ての町を得点するとボーナス。
街カードの山から1枚、そのまま得点にできます。







IMG_1171
手札を補充する際に、混沌カードを引いてしまったら以下の①〜③いずれかを必ず実行しなくてはなりません。

①今引いた混沌カードをいずれかの街の勢力の大きい方に置く。
IMG_1172
これにより数字が偏るため均衡を確立するのが難しくなります。


②今引いた混沌カードを捨て札にし、均衡が取れている街1枚にある夢カードを全て捨て札にする。
IMG_1173
IMG_1174


③今引いた混沌カードを捨て札にし、夢カードの山から4枚引く。その中の混沌カード以外のカードを全て捨て札にする。混沌カードを引いた場合、また①〜③いずれかを実行する。



混沌カードの効果を解決したら、夢カードをさらに引き、手札が4枚になるまで補充する。
※ここで混沌カードを引いてしまったらまたしても上記①〜③のいずれかを実行しなくてはならない。


山札が引けなくなる前に、
12枚の街カードを得点できれば勝利です!



ソロプレイダイジェスト

IMG_1196
それではスタート!
場はソニア寄り、
手札はインキュバイ寄り
といった所でしょうか。笑

IMG_1198
とりあえず均衡をとっていきましょうか。
カード枚数制限もあるので。

IMG_1199
IMG_1201
混沌カードには泣かされますね。
処理は強制なので、どうしても不利を被ります。

IMG_1202
一度に多くの街を得点できると気持ち良い!
ボーナスも達成できるとなお良いです。

IMG_1204
混沌カードは全部で8枚あります。
枚数を数えておけば後々有利です。
…が、めくれは運なので祈るしかないことも。笑

IMG_1205
街カード残り3枚まできました!
クリアまであともう少し!

IMG_1206
が、ここでまた混沌…!
泣く泣く配置です。

IMG_1207
ぐ、またしても混沌!

IMG_1208
さらに混沌!!!!!
どうやら山札の最後の方に固まっていたみたいです。これは鬼畜。笑

IMG_1209
混沌同士でなんとか均衡をとって処理しますが…

IMG_1210
ここで山札切れ!
ゲームオーバーです。(T_T)

ただいま3連敗中。笑

所要時間10〜15分ほど




感想

オニリムやシルヴィオンと同シリーズの作品なだけあって、良くできています。
運要素ももちろん絡んできますが、頑張ればギリギリでクリアできそうな絶妙な難易度設定ですね。

アイコンによってカードの数値はソニア、インキュバイそれぞれで構成が決まっています。
枚数まで把握しておくことで、クリアにぐっと近づくでしょう。
まぁ、それが難しいんですけど。笑

混沌カード
を引いた時の絶望は半端じゃないです。オニリム経験者なら、悪魔カードを引いた時と同じ気持ちと言ったらわかるでしょうか。笑

セットアップも簡単で、ソロプレイの機会が多い方にはおすすめできる良作です。



購入情報

駿河屋