クランズ・オブ・カレドニアとは

1〜4人用
重量級ボードゲーム

プレイヤーはスコットランドの氏族となり、特産品加工やその貿易によって富と名誉を得ることを目的とします。

陣取り系のゲームで、要素も多いですが同ジャンルの中ではかなりプレイしやすいです。
ソロプレイルールが公式で用意されてます。
ルールの変更もほとんどなく、練習にも個人的なスコアアタックにも充分楽しめる出来です。

クランズオブカレドニア、ご紹介していきます!

関連レビュー



ゲームの流れ

IMG_8528
セットアップ
ソロはスコアアタックなので用意する個人ボードは1人分です。

IMG_8529
メインボード
1と書かれたマスは他の色のコマで封鎖します。
また、辺縁の雲がかかっている部分も使用できません。

IMG_8531
個人ボード

下部左は商品を売買するための商人、
その右は海および河川を渡るための船舶。
そして上段左から
羊、牛、チーズ、パン、小麦、ウイスキー、労働者(森、山)
これらのコマをメインボードに配置すると、

IMG_8566
対応する箇所に+アイコンで生産物が表されます。
ラウンドの終わりに収入として手に入れることができるようになります。
注意点としてウイスキー、パン、チーズは加工品なのでそのまま手に入りません。
ウイスキー、パンなら小麦から、
チーズは牛乳から、
加工する権利として使うことができます。
それぞれの資源が配置されている列の上部に数字がありますね?

IMG_8539
メインボードに書かれている数字と合わせた金額を払えば配置できます。
ソロでは一番安い1が封鎖されているので場所代が最低2はかかります。
これがけっこう痛い。笑
このゲーム、お金はカッツカツです。
氏族なのにあっという間に貧乏になります。
コマを配置する際は常にすでに配置してある自身のコマに隣接していなければなりません。
船舶レベルをあげていれば海を渡った先も隣接扱いにできます。

IMG_8530
左:得点トラック、輸出契約タイル、ラウンド毎の目標
輸出契約タイルはメインの得点源になります。
ラウンドを追うごとに取得コストが上がります。
右:商品の価格を表してます。商品は購入すると値段が上がり、売却すると下がります。

IMG_8532
氏族はプレイヤー毎に1人選択します。
能力が全て異なるので、毎回違ったプレイスタイルで楽しめます。
今回はファーガソンさん
ゲーム開始時にそれぞれのプレイヤーは2人労働者を配置しますが、ファーガソンさんは3人配置できます!…しかし端っこに限り。
船舶レベルも2段階アップした状態でスタートできるので、最初から海1スペースは渡れます。
陣取りに強そうですね、なんか対人戦向き?笑
使ったことなかったので選択しちゃいました!( ´ー`)

IMG_8538
手番では1つアクションを行うかパスします。
全員がパスしたらラウンド終了ですね。
早くパスするほど次ラウンドでは手番順が早くなり、パスボーナスが多くもらえますよ!
まぁ今回はソロなんで関係ないっすけど( ´ー`)

IMG_8533
ソロではラウンドの終わりにサイコロを振って3種類の商品の価格を変更します。
このサイコロの出目に実はけっこう振り回されます。笑

ざっくりこんな感じでしょうか。
詳細はマニュアルをご参照ください^ ^

以下ソロプレイダイジェストです。



ソロプレイダイジェスト

IMG_8535
最初の労働者はこんな感じで配置。

IMG_8534
この初期配置にももちろんお金がかかります。
最初の持ち金は55だったのに22+場所代の出費…

IMG_8540
メインボードの四隅には港タイルがあります。
プレイヤーはそれぞれのタイルを一度だけ使用できます。
船舶レベルを上げて到達しましょう!
10コインゲット!

IMG_8541
輸出契約タイルは第1ラウンドで取れば5コインおまけで貰えます。
達成しなくては新しい契約タイルを取得できません。
難しすぎるものを取ってしまうと最悪詰んでしまうので気をつけましょう。笑

IMG_8542
輸出契約タイルの達成に必要な通常毛玉は羊から生み出されるので配置していきましょう!

IMG_8545
今は使用しないパンは売却してお金を作っておこうか…。
加工品は高値で取引されます。

IMG_8550
ラウンドの終わりに産出した毛玉。
輸出契約タイルを達成!

IMG_8551
サトウキビアイコンがあったので進めます。
この他に綿花、タバコがありますが、それぞれの進み具合によってゲーム終了時に勝利点を得られます。

IMG_8552
鉛筆アイコンを達成すると個人ボードを改良できます。
今回は森林の労働者からの収入アップを選択しました!

IMG_8547
第2ラウンド終了時には端っこのスペースに置いてあるコマ2つにつき3点がもらえます。
我がファーガソン氏族にはぴったりですな!

IMG_8559
輸出契約タイルにある肉は配置してある羊か牛を個人ボードに戻すことで支払った扱いとします。
ソロでは輸出契約タイルを最低5枚達成しないとボーナス勝利点は貰えないのでがんばりたいですね。

IMG_8560
メインボードに配置してあるコマがある程度繋がっていても終了時に勝利点になります。
最初に置いた3つの労働者からなんとかアクセスしていきたいところ。

IMG_8562
後半は輸出契約タイルを獲得するのにもお金がかかります。
無駄なものは取れません!

IMG_8568
ただ、メインボードにしっかり配置していれば収入も増えていきます。
拡大再生産要素が楽しめますね。

IMG_8571
商品の価格を変動させることができる港タイルです!

IMG_8572
足りない加工品を調達して、達成!
15金返ってくるので多少の出費は大丈夫!

IMG_8578
最終的にはこんな感じ。
かなり配置できたのではないでしょうか。

IMG_8575余ったお金と生産物は点になります!

IMG_8577
達成できたのはこの6枚。
右下のホップの数値はそのまま得点になります。

IMG_8576
タバコ、綿花、サトウキビはトラック上で進んでいるマスによって点が変わります。
自身の輸出契約タイルに描かれているそれぞれの数字と以下の数字を掛け合わせた数値が得点となります。
トラックで最も進んでいる製品は3、
2番目は4、
3番目は5
と言った具合です。
今回のわたしの場合、
綿花は5あって、トラック上最も進んでいるため、
5×3=15点の価値があります。

IMG_8580
というわけで今回の結果は140点でした。けっこう頑張ったつもりでしたが、平均的なようです。笑
次回はもっと高得点を狙いたいですね!
所要時間50分ほど



感想

終始お金には悩まされますが、一旦軌道に乗せることができれば拡大再生産の楽しみを充分に味わうことができます。
扱う資源も生産物と加工品のイメージがつきやすいので、種類の多さの割には理解しやすいですよね。^ ^

同ジャンルではやはりテラミスティカ、ガイアプロジェクトと言ったゲームが挙げられると思います。
あちらは運要素も一切なく、ガッチガチの超ゲーマー向けなのに対してクランズオブカレドニアはいくらか易しいでしょうか。
ソロプレイも圧倒的にクランズに軍配が上がりますかね。ガイアプロジェクトのソロは煩雑すぎて正直かなりきついです。笑

ゲームのシステム上、対人戦の方が面白いのは確かですが、クランズのソロプレイも決して悪くはないです。
1コストのマスがあらかじめ埋まっているだけでも疑似的なインタラクションは充分にあります。
練習的な意味合いはもちろん、ソロでハイスコアを追求するためにも繰り返しプレイできるだけのポテンシャルは秘めているでしょう。
違う氏族も使ってみたくなりますしね。

2人プレイでも充分に楽しめます。
ソロか2人の機会が多い方にもオススメできる作品ですよ!^ ^



購入情報

投稿時点、Amazonで送料無料、新品最安値です!