イーオンズ・エンドとは

1〜4人用 協力型ボードゲーム
プレイヤーは破孔魔術師となり、拠点であるグレイヴホールドをネメシス(敵)から守るべく戦います!
なんだか少年心くすぐる設定。笑

本ゲームの注目ポイントはソロプレイの評価が高い点です!
世界のボードゲーム掲示板であるBGGでも、
ベスト人数1人の投票が多く見られます。

今回はイーオンズ・エンドソロプレイの様子をご紹介していきます。


ゲームの流れ

IMG_1356
セットアップ。
カードが主体のコンポーネント。
左下の茶色のカウンターがプレイヤー達が守る
グレイブホールド。
HP30に設定してあります。

IMG_1358
敵は基本セットに4種類入っています。
今回戦うのは最も難易度の低い
レイジボーン
難易度低いとか言ってますが、充分強いです。笑
「我は四天王の中でも最弱!」
脅威のHP70からスタートです。



IMG_1360
システムはデッキ構築。
場のカードを購入して、自身の山札を強化します。
本ゲームの最大の特徴は、
山札切れの際に捨て札をシャッフルしないで、
新しく山札を作ること。
捨て札にする順番を調整することで、自身に有利な手札を引けるようにするのです。

IMG_1363
お金にあたる宝石カードをプレイすると場からカードを購入できます。
カード右上の数字がコスト。

IMG_1362
自身の破孔に呪文をセットすれば相手にダメージを与えることができます。
重要なのはセットした呪文が起動するのは、
次の自分のターンの始めになる
こと。
1ターン、ラグがあります。

IMG_1364
コストを支払えば破孔を強化もしくは増やすことができます。
最大4つ。
一度に多くの呪文をセットすればダメージが与えやすくなります。

IMG_1365
手番順はカードで管理します。
数字及びワイルドがプレイヤーのターン、
ネメシスは敵のターンです。
よく混ぜて裏向きの山札とし、
めくったカードによって手番が決まります。
山札がなくなったら、捨て札をシャッフルしてリセットします。


細かいルールはありますが、
簡単に言うと
拠点のHPがなくなる前に、
敵のHPを0にするか、敵の攻撃を防ぎ切ることが
できればゲームに勝利します。



ソロプレイダイジェスト

IMG_1359
今回使う破孔魔術師はアーデルハイム。
魔術師はいくつか種類があり、それぞれ固有の能力を持ちます。
HP12でスタート!

IMG_1368
とりあえず呪文をセット。
最も基本的なスパーク。
与えるダメージは1。
敵のHP70って言うんだから、
もうこのゲームの難易度わかりましたね?笑

IMG_1369
IMG_1371
IMG_1374
はい、ここからまさかのいきなり
敵のターン2連続。
ミニオンと呼ばれる手下を召喚してきました。
放っておくと拠点にダメージを与えてきたり、
レイジボーンのパワーを蓄えたりと
ロクなことがありません。
先程のスパーク!で手下1体のHPを1だけ削ります。笑

IMG_1375
スパークだけでは埒が開かないので、
火力のある呪文を獲得します。
炎上は2ダメージを与え、チャージ(後述)を1つ蓄えます。

IMG_1376
初期の宝石カードでは高額のカードが買えません。
群生ダイヤモンドを購入して、仕込みます。
同じターンに2枚使うとおまけのコストを出力します。
捨て札をリシャッフルしないので、わざと固めて捨てていけば、まとめて引いてこれる確率が上がるのです。

IMG_1378
今回のサプライで最も火力の出る
熾火の鞭。
4ダメージを与えることができます。
2コスト払えば、セットしたターンに打つことも可能。

IMG_1380
こちらが準備している間もレイジボーンは容赦しません。
ストライクとはレイジボーン専用のカードをめくり、
その効果を適用するもの。
いやいや、4ダメージってキャラクター最大HPの1/3やん。

IMG_1382
レイジボーンの上に激怒トークンが4つ以上たまると、もれなくストライクが飛んできます。
激怒トークンは暴走により配置されるので、注意。

IMG_1383
チャージすると、個人ボード下部にトークンを溜めることができます。
チャージが溜まっていれば、全て捨てることでキャラクター特有の効果を使えます。
アーデルハイムの場合、敵のアクションカードをめくった瞬間に無効にできるもの。
ここぞと言う時に活躍するので、溜めておきたい。

IMG_1385
処理した側から次のミニオン。(^^;)
特に針歯獣は放っとくだけで拠点にダメージを与えてくる割に、HPも高いので厄介極まりないです。

IMG_1387
破壊はカードを文字通りゲームから除外します。
デッキ圧縮ができるので、弱いカードは取り除いていきたいですね。

IMG_1388
カードの上にトークンを溜めるものも。
敵のターンが来るごとにトークンを1つずつ取り除いていき、なくなると起動します。
大概ロクなことが起こりません。
条件を満たせば破壊できるので、なんとか対処したいのですが…。

IMG_1386
2つ目の破孔を開放したのですが、
HPは残り4。大丈夫か?笑

IMG_1389
ようやく1ダメージ与えました!
まだまだ先は長い…。

IMG_1395
さらなる破穴を開いたものの、
レイジボーンのストライク。
残りHP1!
キャラクターのHPが0になってもゲームオーバーにはなりませんが、非常に不利になります。(後述)

IMG_1405
反撃していきましょう!
4番目の破孔にセットした呪文はダメージがプラス1されます。

IMG_1406
IMG_1416
死にかけですが、レイジボーンのHPはまだ半分以上あります。
しかし、こちらの火力が上がっているのも事実。
負けないぞー!

IMG_1417
ぐ…!
手札を破壊だと?
捨て札でなく?

IMG_1418
4ダメージはもらえない。もったいないけど群生ダイヤモンド2枚を破壊…。

IMG_1419
しかし、その後のストライクでついにアーデルハイムのHPは0に。
ゲームオーバーにはなりませんが、今後アーデルハイムが受けるダメージはグレイブホールドが2倍の値で肩代わりします。

IMG_1420
さらに破孔も1つ破棄しなければなりません。
一気に劣勢に立たされました。

IMG_1421
こうなったらチャージを多用していきます!
固有能力のエーテル防御陣が発動できれば、
相手のカードは無効化できます。
余った金はチャージに注ぎ込みましょう!

IMG_1422
こんな物騒なカードは発動させるわけにはいきません。笑
エーテル防御陣発動!

IMG_1424
ストライクも貰えないので、
暴走を発動する禍の鎧も破壊!
敵のミニオンを全滅することができました。


IMG_1427
後ほど効果を発揮するタイプのカードも処理しておきます!
呪文はもったいないけど背に腹はかえられぬ!

IMG_1429
いよいよ、あと少し!
スパークと熾火の鞭により残りHP5まで来ました。
こい!わたしの手番!

IMG_1428
ぐ!あちらのターンか。
しかし、効果は極めて厄介なもののミニオン。
すぐには起動しません。

IMG_1430
IMG_1432
倒す準備はできました。
次のターンが来れば炎上×2で削り切れます。
相手のターンだとおそらく負けるでしょう。


…いよいよこれが最終決戦!

さあ!こい!



IMG_1431
よっしゃああああ!

IMG_1433
グレイブホールドのHP2をなんとか死守し、
ギリッギリ勝利です!
実は今回が嬉しい初勝利。
3連敗を喫していたので、ようやくリベンジ成功です。


所要時間50分ほど



感想

初クリアの余韻にまだ浸っています。笑

ゲームの難易度が絶妙に高く設定されているので、

楽勝!ということは余程でない限り、無いでしょう。
気を抜けば一瞬でやられてしまう緊張感の中、ギリギリで自分の戦術が上回って勝利した暁には大きな達成感が待っています。

リシャッフルしない捨て札が深い戦略性を生んでいます。
一般的なデッキ構築ゲームでいわゆるコンボを決めようとすると、中々手札が揃わない現象に泣かされますよね。
狙った組み合わせで捨て札に送れるので、作成したコンボを割と高い頻度で発動させることができます。
自分で組み立てた戦術をうまく使いこなして、強大な敵との戦いが楽しめます。

まだまだ未使用のキャラクターやカード!
未知なる強大な敵!
日本語版未発売ですが、拡張セットもあり!
ソロでも長く楽しめそうですね。^ ^