深海〜バルーンカップ〜とは

2人専用カードゲーム
バルーンカップという作品のリメイク。
手番ではカードを出すだけ!
シンプルなルールですが、悩ましさが良い感じ。

今回は深海 GLEBIAを紹介していきますよ!


ゲームの流れ

IMG_1998
セットアップ
ボードを挟んで座ると良いでしょう。
財宝カードはディスプレイ。
手札を1人8枚持ちます。

FullSizeRender
布袋にキューブを全て入れておき、
ボードに表記の数だけ配置します。
手番ではカードを1枚プレイして、
山札から1枚引くのが基本。

IMG_2001
カードはボードを挟んで出します。
出せるカードは
ボードに配置してあるキューブの数まで。
色は合わせる。
この場合赤のキューブ1つなので、
お互いのサイドに赤のカード1枚まで出せます。
深海のカードでは数字の合計が大きい方が勝ち。

IMG_2002
赤の9を出したプレイヤーの勝ち。
勝敗が決したら、勝利したプレイヤーが配置してあるキューブを全て獲得します。
カードは捨て札にし、ボードを裏返して、
また表記の数だけキューブを補充します。

IMG_2003
浅瀬面では数字の合計の低い方が勝ちます。

IMG_2004
同様にキューブを獲得し、ボードを裏返す。
またキューブを補充します。
※カードの数字の合計が同じ場合、最後にカードを出したプレイヤーがキューブを獲得します。

これだけだと、ただの数比べです。
本ゲームの最大のポイントは
カードを相手側にも出せること。
相手に都合の悪いようにカードを配置できるのです。
このルールがゲームを何倍も面白くしています。

IMG_2005
財宝カード表記の枚数だけキューブを獲得した瞬間、その財宝カードを手に入れることができます。
早い者勝ち。
3枚先に獲得したプレイヤーの勝利。


それでは実際にプレイしていきましょう!



夫婦2人でプレイ

IMG_2007

初期配置、手札。
カードは色ごとに枚数が違い、
特に赤が多く、灰が少ないです。

IMG_2008
とりあえず緑の12を送って妨害しましょう。笑

IMG_2011
5〜8あたりの中途半端な数がなんとも扱いにくいです。
右側のカード4枚の箇所は少なく抑えることができました。
明らかに勝敗が分かっていても、
規定枚数出さないとキューブは獲得できません。
遅延させるのも手です。

IMG_2013
全部深海面になりました。笑
キューブを獲得するタイミングも重要です。
ボードが裏返り、キューブが一新されることで必要なカードがガラリと変化するからです。

IMG_2015
大きい数字を取り込みつつ、
低い数字を押し付けたい。
お互いに思うことは一緒ですので、
手番ごとに自分側か相手側に出すか悩ましい。

IMG_2016
ぐ…!
数字はかなり大きいのに負けた(^^;)

IMG_2020
中々財宝カードが獲得されません。
獲得キューブは公開情報ですので、
お互いに譲れない箇所が分かりますからね。
しかし、わたしの方がキューブが多いのが現状!

IMG_2024
緑の財宝カードを獲得!

IMG_2025
さらに次の手番で残り2枚を一気に獲得!
3-0ストレート勝利!よっしゃ!

妻「悔しい!もう1回!」
ふん、良いだろう。
今度はわたしをもうちょっと楽しませてくれよ?

IMG_2027
惨敗( ´ー`)( ´ー`)( ´ー`)

ある一定のラインを超えると一気に財宝カードが動きますね。笑

所要時間1ゲーム25分ほど



感想

カードを自分側に出すか、相手側に出すか悩ましい選択の連続ですね。

最初はバトルラインと似ているのかな?と思いましたが、プレイ感はかなり異なります。
バトルラインは強い役を作るためにカードを配置するので、ゲームを通して欲しいカードが来るのを待つ感覚です。

深海は勝敗が決したエリアはリセットされ、必要なカードが目まぐるしく変化します。
捨て札をリシャッフルする回数も多い。

プレイ感は軽いですが、エリアが決着しないと途端に循環しなくなります。意外とプレイ時間がかかるのが少し欠点でしょうか。

もう少し入手しやすくなると、気軽におすすめできる作品です。
バトルラインの方が正直のとこ面白いですので。笑



購入情報

Amazon



Yahoo!