前回レビュー

1〜5人用 ワーカープレイスメントゲーム
西フランク王国の建築家
通常のソロ・2人プレイレビューは以前に投稿しています。

変更点を中心にレビューしていきますので、
よろしければ先にご覧ください。

ソロではオートマと争う形式でしたが、
なんと2人でこのオートマに挑むモードが用意されています。
2人vsオートマということで実質3人プレイとなります。
どのようにプレイ感に違いが出るか、楽しみですね。



ゲームの流れ

IMG_2727セットアップはソロと2人プレイの用意を単純に合わせたイメージです。

IMG_2728
前回のソロプレイレビューでは普通難易度のコンスタンティンさんに楽勝でしたので、今回は上級向けであるヘレナさんと戦いますよ!

IMG_2729
セットアップの参考にするために専用のカードが1枚入っています。
オートマが最後手番となりゲーム開始ですね。

IMG_2730
カードには初期資源固定とありますが、
せっかくなのでヴァリアントルールを採用しましょう。
初期資源・ステータスはプレイヤー毎に異なり、
それぞれのキャラ固有の能力を持ちます。
絶対ヴァリアントの方が面白いと思いますよ!

IMG_2731
3人のスペースが埋まったらゲーム終了です。
これで準備完了!
実際に遊んでいきましょう。



夫婦2人でプレイ

IMG_2732
初期手札はドラフトで準備しました。
とりあえず丸太小屋を建てて、木材獲得しつつ勝利点ゲットでしょうか。


わたし:青
妻:赤
オートマ:紫

IMG_2733
IMG_2734
開幕から2ラウンド連続でヘレナさんはまさかの大聖堂建築。
資源がいらないので楽々マーカーが上がります。
ずるい。

IMG_2735
IMG_2736
わたしも丸太小屋と奇術師を用意して対抗!
奇術師は前回のソロプレイでもお世話になった、
闇市場を利用しやすくする弟子。
とっても便利です。

IMG_2737
それぞれワーカーが配置されてきています。
こうなってくると…

IMG_2739
捕まりますよね。(^^;)
オートマは1度のアクションで2色のワーカーを拘束できます。

IMG_2741
我々も負けじと拘束して牢獄送りに。
赤は犯罪集団でしょうか。笑

IMG_2746
石材市場はソロでは山札から除くカードです。
ゲーム終了時に石を全プレイヤー中で最も多く所有していれば、追加勝利点2点が手に入るというもの。
オートマは大理石以外を獲得することはないため、必然的にプレイヤーに有利だからです。
今回は他に人間プレイヤーがいるので良しとしました。

IMG_2749
あちらも建設に着手している様子。
ヘレナさんに至っては勝利点源である大理石を積み上げてきています。

IMG_2751
ゴツイおっさん2人を雇いました。
固有キャラのフレデリック、
前に雇った奇術師の爺さん含め
なんだかむさ苦しい個人ボードっすね。( ´ー`)

IMG_2754
オートマデッキが切れました。
捨て札をシャッフルして作り直します。
追加カードが入ったので、ゲーム終了が早まります。

IMG_2761
建築できる回数も少なくなってきました。
人間側は慌てて建物を準備します。
最も大きな勝利点要素ですからね!

IMG_2762
このタイミングで借金カードが!(^^;)
闇市場を多用していたツケがまわってきました。

IMG_2763
幸い銀貨には余裕があったので守衛所に納めます。
マイナス点は回避できそう。

IMG_2765
次の建築が行われるとゲーム終了トリガーです。
なんとしてもヘレナさんには引かれたくないところ。

IMG_2767
ということでわたしが滑り込み建築!

IMG_2773
妻がもう1度だけ建築してゲーム終了ですね。
美徳トラックでは
ヘレナ:+
わたし:±0
妻:-
の影響を勝利点に受けます。
大聖堂建築はわたしが1番進めることができましたよ!

IMG_2771
最終的にこれだけ建てることができました!おっさんチーム頑張ったね!

IMG_2768
IMG_2772
対して妻も4軒建築。
ヘレナさんも大理石を溜め込んでますね。

果たして結果は…

わたし42点
妻36点
ヘレナ36点 でした!

やったぜ!1人勝ち!^ ^
上級オートマだと流石に稼いできましたね。
あと1軒建てられなかったら危ないところでした。

所要時間50分ほど



感想

2人で遊ぶならオートマ入れたほうが確実に楽しいです。
2人だけだと闇市場のリセットやワーカーの循環が遅れがちで、1度沈むアクションがどうしても必要な場面が多かったように思えます。
オートマがランダムに満遍なくアクションしてくれることで2人プレイの不満点をしっかり改善してくれますね。しかも上級ルールを採用することで潤滑油としての存在だけでなく、対戦相手としてしっかりと機能してくれます。35〜40点くらいは平気で取ってくるので、油断すると全然負けますよ。笑
ソロプレイを試してオートマの挙動をあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

インタラクションなどの兼ね合いから多人数プレイが推奨される本作において、このように遊べるモードが搭載されているのは嬉しいです。
なかなか集まって遊ぶのが難しいこともありますしね。
ぜひ他のボードゲーム全般も2Pvsオートマを組み込んでほしいくらいです。笑

拡張セットも今後レビュー予定です!



購入情報

ここに文章を入力。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット
顔
星