テラフォーミング・マーズ ヴィーナス・ネクストとは

1~5人用 火星開拓ボードゲーム
基本ゲームの様子は以前に何度かレビュー投稿しています。
よろしければ先にご覧ください。



最近、拡張セットが再販され話題再燃中の本作。
当ブログでもまだ紹介していない拡張について触れていきたいと思います。

今回はヴィーナス・ネクストですよ!



追加要素

IMG_2976
ヴィーナスということで金星が舞台となります。
火星移住の次は金星移住を目指すわけですね。

IMG_2977
金星ボードを用意します。
新アクションとして15金支払って金星ゲージを上げることができます。
これにより1TR獲得できます。
ゲーム終了条件には含まれません。

IMG_2978
金星アクションに絡んだカードも登場します。
元のゲームのカードに混ぜて使用しましょう。

IMG_2979
本拡張を導入するにあたり、公式では政府開発のヴァリアントルールの採用を勧めています。
これはラウンド終了時にスタートプレイヤーが温度、酸素濃度、海のいずれかのパラメータを1段階上昇させるというものです。これに伴う報酬は一切発生しません。
金星開発にいそしむあまり、ゲームが冗長になるのを防ぐのが目的です。

今回も我が家では
プレリュード拡張有、
称号および褒賞なしの
ヴァリアントでプレイしますよ!
マップはエリシウムです。



夫婦2人でプレイ

IMG_2980
わたしの使用する企業は
バレー・トラスト
ゲーム開始時に追加でプレリュードカードを引けるほか、科学タグのカードを値引きでプレイできます。
初めて使用する企業ですね。

IMG_2981
妻は………
なにぃぃぃぃぃぃっ!?
エコラインじゃないか!!
圧倒的緑地化性能により、火星をそのプレイヤーの色で染め上げる強企業です。
なんでまたそれ引くかね。笑

IMG_2984
とりあえずゲーム開始時のアクションにより追加のプレリュードカードを手に入れます。
やはりこの拡張は導入必須ですね。
開始時のもたつきを見事に解消しています。
プレミア価格になりやすいのも納得。


IMG_2985
早い段階で浮遊ハブをプレイします。
毎ラウンド2金支払えば浮遊体を1つ蓄えます。
ゲーム終了時に浮遊体2つごとに1点になりますよ。

IMG_2988
他の浮遊体を蓄えるカードともちろん相性が良いですね。

IMG_2990
妻は早くも都市建設、緑地化を進めていますね。

IMG_2991
わたしは電力産出を介して温度で攻めていきましょう。

IMG_2993
点数の稼げるカードも用意しておきます。

IMG_2996
わたしもようやく都市建設です。
ビッグボックスで手に入れた3Dコマはやはり良いですね。ドーム型都市はkickstarterのプレッジです。
本作にはかなりお金がかかってますね。笑
愛着たっぷりです。

IMG_2998
高コストのカードをプレイする機会をうかがいます。
我が家では金星開発は前半より後半に手をつけるイメージですね。

IMG_3001
政府開発のヴァリアントにより、毎ラウンドどこかしらのパラメータを上昇させます。
緑地化で勝てないと踏んだわたしは酸素濃度のパラメータを積極的に上げて、妻の大量得点を防いでいます。
簡単なルールですが、このヴァリアント、優秀だと思います。

IMG_3003
産出資源が増えてくると盛り上がってきますね。

IMG_3005
赤枠カード使用するのって特にワクワクしません?笑
派手な効果で高得点が期待できますよね!

IMG_3006
酸素濃度はこれにて終了。妻のエコラインによる大量アドバンテージは防げた…気がします。笑

IMG_3008
現在の火星の様子。
妻がやはり有利か。

IMG_3010
IMG_3011
商業特区
都市に繋げると得点になります。
妻の都市も利用しましょう!

IMG_3013
1つのパラメータが終わると金星開発の選択肢が生きてくるイメージです。
温度の方が1コスト安いですが、ゲームを終わらせたくない場合、金星開発すると良いですね。
妻がここにきて積極的に金星得点を稼いできています。

IMG_3012
1ラウンド目から置いてあった浮遊ハブがだいぶ成長しました!これで5点分ですからね。大きいです。


IMG_3015
IMG_3017
終盤です。
得点になるカードを積極的プレイします!
贅沢な食事はタグによるプレイ条件が厳しいですが、8コスト2点と破格です。
カリスト懲罰鉱山から上手く繋げました。

IMG_3016
妻が最後の海2枚を連続で配置してきました。
これにて終了です。
完全にリードしたまま逃げられましたね。笑

IMG_3018
カード得点はまあまあ稼げましたかね!

IMG_3020
テラフォーミングした火星はこんな感じに。
やはり妻の赤が多いですね。
エコライン恐るべし。

IMG_3021
結果は73-81で惜しくも負け!
負けてる気はしてたけど、思ったより差をつけられなかった印象。笑
2021年最後の戦いは妻が制しました。

所要時間:紅白見ながらダラダラ90分ほど



感想

相変わらず面白いですね。
正直言っちゃうとヴィーナス・ネクストはあってもなくてもこの作品の素晴らしさに違いはありません。レビューにならなくてすいません。笑

カードのヴァリエーションやアクション選択肢が増えるだけでも導入の余地アリです。
シリーズファンであれば持っておいて損のない拡張ですね。

政府開発のヴァリアントは間違いなく導入した方が良いでしょう。ヴィーナス・ネクストを入れる時はもちろん、通常プレイでも面白いと思います。プレイ感が一気に加速されて締まりがあるゲームを楽しめるのではないでしょうか。

我が家のように様々なヴァリアントを入れても変わらず楽しめるところに、本作の寛容さが感じられます。



購入情報