PARKS  パークス [2人プレイボードゲームレビュー:評価7/10]



IMG_5908





PARKSとは

クラウドファンディングサイト
kickstarter発のボードゲーム。
1〜4人用 
アメリカの国立公園をテーマにした
ワーカープレイスメントゲーム
非常に美しいコンポーネントが特徴で、
見た目にもとっても満足感の高い作品です。

この度数奇ゲームズさんより和訳ルール付き英語版が発売されました。なんと拡張も同時発売。

IMG_5840

今月の購入限度額はとっくにオーバーですが、あろうことかアクアティカ(拡張込み)と同時購入。笑
いや、ほら?送料もったいないし?
買わない後悔より買う後悔?←

家にあるものはもうしょうがない。笑
今回はPARKS パークスの紹介ですよ!




ゲームの流れ

IMG_5844
セットアップ
色鮮やかな美しいコンポーネントに癒されます。
今回わたしが入手したのは和訳ルール付き英語版
カード表記は英語です。
それぞれの英文はさほど複雑ではありません。
素読みでもなんとなく理解できます!
数奇ゲームズさんによる日本語カードリストもついていますし、完璧!

IMG_5845
各種リソースは付属トレーにしっかり収まります。

IMG_5846
手番でできることは簡単。
自身のハイカーの内1人を今いる箇所より右側に移動させます。

IMG_5847
移動先のアクションを行います。

IMG_5848
他のワーカーがいる箇所には原則入ることができませんが、キャンプファイヤーを1ラウンドに1回使用すると、入れます。

IMG_5849
全プレイヤーのハイカーが旅の終わりタイルに到達したらラウンド終了。

IMG_5850
ラウンドの終わりにはコストを払ってパークに訪問したり、

IMG_5851
特殊効果を持つギアカードを購入することができます。

4ラウンド終わったらゲーム終了。
最も勝利点の多いプレイヤーの勝ちです。

それではプレイしていきましょう!





夫婦2人でプレイ

IMG_5911
個人ボーナスとなる年度カードはこちら。
太陽アイコンのあるパークに多く訪れることができれば追加勝利点ですね。

IMG_5910
ラウンド毎に変わる季節カード
右下のパターンでアクションスペースに対応したリソースを配置します。
このラウンドはパークに水トークンが置かれてスタートですね。

IMG_5912
水筒カードを開始時に受け取ります。
ラウンド毎に1回任意のタイミングで持っているを配置すると、対応の効果を得られます。
これは任意の資源を野生動物に変換するか、パークを予約するかいずれか。
野生動物は任意の資源として使えるジョーカーです。

IMG_5913
ラウンド毎に1回、自分のキャンプファイヤーを裏返すと既にハイカーがいるアクションスペースに入れます。

IMG_5914
ギアカードを購入してみました。
パークに訪問するコストが太陽1つ分割引になります。
わたしの年度カードと相性が良さそう。

IMG_5915
ということで早速パークに訪問!

点は低いですが、太陽アイコン付きです。

IMG_5918
あちらはなんと2つのパークに訪問してます。
これはまずい。

IMG_5917
さらにギアカードで対抗しましょう!
パーク山アイコン値引きです。
森林アイコンは水と太陽に比べて価値が高く設定されているので、これは有効だと思いたい。

IMG_5922
写真撮影アクションです!
カメラを手に入れて、資源を払えば写真を撮れます。
この写真、ゲーム終了時に1つ1点になるため、できる限り多く撮影したいですね。

IMG_5927
さて、ゲームは後半戦。
あ、実はラウンド毎にアクションスペースが1つ増え、並び替えられてます。
固定セットアップじゃないことによるプレイバリエーションがありそうですね。

IMG_5928
IMG_5930
主な得点源である写真撮影パーク訪問はできる限り行いたいですね!

IMG_5931
旅の終わりスペースに入り損ねた1つのコマは次の手番で強制的に旅の終わりまで移動させられます。
特定のプレイヤーによる遅延行為を防ぐ目的ですね。
狙っていたアクション権利が減ることにも繋がるので、計画的に事を運ぶには上手く活用するべきでしょう。

IMG_5933
最終ラウンドは最長のアクションスペースになります。

IMG_5936
写真撮影パーク訪問の準備をしておきます!

個人ボーナスも忘れないように…

IMG_5940
最終的に5枚の写真を撮り、8つのパークに訪問し、個人ボーナスから2点を獲得しました!
34点です!悪くない結果では?





感想

とっても和やかな雰囲気で進む良いゲームです。

変則的ではありますが本質はワーカープレイスメントゲームなので、多人数だともう少しアクションスペースの取り合いなどでインタラクションが激しくなりそうですね。2人だとまったりとかなり余裕を感じました。やりたい事は大体できる感じ。
夫婦やカップルなどで穏やかに楽しめる作品だと思います。

何よりも気合の入ったコンポーネントの美しさに息を
飲みますね。
パークだけでなく、年度季節のカードも全てユニークでアートワークが異なります。
彩色のとても美しいデザインですので、眺めてるだけでも満足感が高いです。
拡張も同時購入したので、早く合わせて遊んでみたいですね!





購入情報

数奇ゲームズさんで取り扱いあります!関連レビュー