関連レビュー

1~4人用 デッキ構築&ワーカープレイスメントゲーム
以前に2人プレイレビューを投稿しています。
本記事では変更点を中心に記載してますのでよろしければ先にご覧ください。
2人でもとっても面白かった本作。
ありがたいことにソロプレイ可能ということで早速試してみました!

今回はアルナックの失われし遺跡 ソロプレイの様子をお届けしますよ!


変更点

IMG_8862
ソロでは仮想の敵であるライバルと戦います。
ライバル用アクションタイルを用意。
上の5枚は必ず使用。
のタイルはそれぞれペアになっており、
を増やすほど難易度が上がります。
今回はビビって緑5枚にしておきましょうか。笑

IMG_8863
個人ボード裏面はライバル用になっています。
使用しない全ての色の考古学者をライバルのものとします。

IMG_8864
毎ラウンドライバルが先攻です。
アクションタイルを1枚めくって処理します。
こちらがパスしても全てのアクションタイルがめくれるまでライバルはアクションし続けます。

IMG_8865
ライバル用に拡大鏡のみ用意します。

5ラウンド終了時、ライバルに勝利点で勝ればクリア!



ソロプレイダイジェスト

IMG_8866
それではやっていきましょう!
わたしは青
ライバルはそれ以外の3色を使います。
ワーカーが多くてずるい。笑

IMG_8868
発見していきましょうか。
運が良ければ出てきた守護者をそのまま撃退できるのですが・・・


IMG_8870
初期デッキでは心許ないので新しいカードは積極的に導入していきましょう。

IMG_8871
ライバルはノーコストで守護者を撃退できます。
わたしがやると苦労するのに。笑


IMG_8873
ラウンドを跨ぐと購入したカードが手札に来ます。
恐怖カード相変わらず邪魔ですね。




IMG_8875
ライバルは研究トラックも簡単に上げていきます。
途中にボーナスがあると除外されてしまうので、注意ですね。

IMG_8878
面白い遺物を獲得しました。
導きの石
いわゆるガチャガチャ効果ですね。


IMG_8879
助手も雇いましょう。
矢印の方向であれば特定の資源を変換できます。

IMG_8884
さあ、こちらも守護者を撃退しますよ!
単純に5点は大きいですからね。


IMG_8887
新たに助手も追加し、強化。
後半はできることが派手になっていくのが相変わらず面白いですね。




IMG_8891
終盤になってきたのでレベル2の発見を行っていきましょう!
高コストですが、その分報酬が豪華で嬉しいです。




IMG_8895
多くのカードがプレイできるようになってきました。
山札からドローできる効果を活用すると、1ラウンドでこんなにカードを使えます!



IMG_8897
守護者のオカリナ
ワーカーを手もとに戻すことが出来ます。

IMG_8898
なんだかんだでわたしのほうが先に失われた遺跡に到達できました。
23点確保!

IMG_8900
最終ラウンドですね。
良い感じに強化したカードが手札に来てくれています。



IMG_8903
易しいレベルのライバルは5ラウンド目にアクションしないことがあります。


IMG_8904
失われた遺跡をさらに発掘して点を伸ばしていきましょう!



IMG_8913
IMG_8914
IMG_8915
最終盤面はこんな感じ。

85-45で圧勝でした。
ちょっと難易度下げすぎましたかね。笑

所要時間60分ほど



感想

正直、ライバルのレベルを下げすぎて物足りない感じがありました。笑
もう少し難易度調整してリプレイしたいですね。
思い切って赤5枚とかにしてみようかな・・・。

システム的には良くできていると思います!
ライバルの処理もタイルをめくって解決するだけなので、数手番こなせば理解できます。
それなりに妨害してくれるので対人戦と似た雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

こちらは通常通りプレイできるので、本作の面白い部分はきっちりと堪能できます。
まだまだ違った展開が楽しめそうですね。
ソロ、2人戦ともに今後もレビュー予定ですので乞うご期待!



購入情報





コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット