キュリオスカーゴとは

2人用ボードゲーム
直訳すると奇妙な貨物。
プレイヤーは文字通り、その奇妙な貨物を出荷、入荷してライバルに差をつけ、奇妙な貨物王になることを目指すそうです。


テーマと同様にプレイ感もとっても独特な本作。
今回は初回プレイ〜リプレイの様子をまとめてみました。

キュリオスカーゴの紹介ですよ!


関連レビュー



ゲームの流れ

IMG_9295
セットアップ
各プレイヤー対称になるように個人シートを受け取ります。

かなり独特なプレイ感。
ゲーム終了条件を満たすまでラウンドを繰り返します。
ラウンドは建設フェイズと輸送フェイズに分かれています。


建設フェイズ
以下の2種類のアクションを任意の組み合わせで3回まで行います。
IMG_9296
①コンベアタイルを1枚引いて手元に加える。

IMG_9297
IMG_9298
②個人シートもしくは倉庫に配置する。
倉庫は2スペースあり、好きな位置に後に手に入れたものを重ねながら保管できます。
IMG_9299
個人シートに置く際は既にあるタイルに隣り合わせる必要はなく、重ねることもできます。
宙に浮いてしまうところは手持ちの足場タイルで補強しないといけません。

シートに印刷されているグレーのマシンと個人シートに数字が書かれているドックがつながるとアクティブになります。
IMG_9300
これだと
左側6とマシン
右側5とマシン
のそれぞれ2つがアクティブになります。

IMG_9301
常に現在アクティブになっているドックを数え、その数だけ手番順トラックを進めます。もしアクティブドックが減っても後退することはありません。

IMG_9302
建設トークンを手番中に1回のみ使用できます。
これにより追加2アクション得るか(持っていれば)分岐タイルを置くことができます。




輸送フェイズ
最初に後述の荷積みと荷降ろしを行います。
その後各プレイヤーは手番順に以下の3種類のアクションからいずれか1つを1回のみ行います。
IMG_9303
①トラックカードのプレイ
手札から2AP分まで、1枚ずつプレイします。
この時個人シート左側(出荷側)の1に合わせて置かなくてはなりません。
IMG_9304
IMG_9305
後にプレイするトラックカードにより既にあるトラックカードは押し出されます。
はみ出した場合、相手プレイヤーにとっての右側(入荷側)に配置されます。

トラックカードをプレイしても荷積みと荷降ろしが発生します。


IMG_9306
IMG_9307
出荷側、入荷側それぞれアクティブなドックを参照してパイプの色に合わせた商品を動かします。

IMG_9308
倉庫横のラインが対応しており、それぞれ出荷もしくは入荷するほど得点やボーナスを得られる仕組みです。トラックを埋めてもボーナスがありますよ。

②トラックカードを1枚破棄して、描いてあるコンベアタイルを獲得。
IMG_9309
袋から引いて手元に置きます。

③コンベアタイルを2枚倉庫から破棄してトラックカード1枚を得る。
IMG_9310
2箇所ある倉庫から任意の組み合わせで上から合計2枚選びます。

IMG_9311
輸送トークンを使えばトラックカードを1枚引いて、2APを即座に得ます。




それぞれのフェイズ終了時にゲーム終了条件をチェックします。満たしてなければ手元にあるコンベアタイルを全て倉庫に置き、次のフェイズに進みます。


ゲーム終了条件
以下4種類のうち1つでも達成したら終わり。

①いずれかのプレイヤーが9個の商品を出荷。
IMG_9312
基本ゲームのみ。

②いずれかのプレイヤーが星印の1つを達成。IMG_9313
同じ種類の商品4個目を入荷。
IMG_9314
アクティブドック10個を持つ。

③コンベアタイルの袋が空になる。

④トラックカードの山札が尽きる。


ゲーム終了条件を満たしたフェイズの完了時、ゲームは即座に終了します。


勝利するには各色最低2個ずつの商品を出荷していないといけません!
片方のみが達成していたらそちらの勝ち。
両方未達成なら引き分けです。

両者とも満たしていたら獲得した星印の多い方の勝ち。それも同じなら得点計算を行います。

IMG_9315
IMG_9316
達成している数字を合計。
未使用のトークン1つにつき1点を得て、多い方の勝ちです。

それも同じなら手番順トラックで先にいるプレイヤーの勝ち!



夫婦2人でプレイ

IMG_9319
それではスタート!
初回プレイでは手札3枚は配り切り。
慣れたら1枚残して2枚を相手に渡します。

IMG_9321
IMG_9322

とりあえずコンベアタイルを引いて、アクティブドックを作っていきましょうか。

IMG_9323
トラックの長さが全然足りない。笑

IMG_9326
マニュアルにも記載されていますが、本作、ほとんどのフェイズを両プレイヤーほぼ同時に処理できます。
手番順トラックはそれ自身を進める時や、カードやタイルの残り枚数が少なくなってきたら気にするのでも大丈夫でしょう。


IMG_9331
ようやく出荷できるようになりました!
積載不可マスを除いてトラックを埋めれば、
運転席に描いてあるボーナスを貰えます。
この場合、コンベアタイルですね。

IMG_9333
さらにトラックを押し出してあちらの入荷ゾーンに入っていきます。

IMG_9339
妻も出荷を始めてきました。

IMG_9342
この辺で気づきます。
タイミング良くあちらの出荷があるわけではありません。
来た商品に対して入荷ラインを作るのでも間に合いそうです。

IMG_9346
アクティブドックも増えてきました。
ゲーム終了条件の1つにもなるので、油断はできませんね。

IMG_9349
その後、出荷は順調に進みゲーム終了フラグ。

IMG_9350
お互いに各色2個ずつの出荷はできていたので、勝敗判定に入ります。
星はどちらも獲得していません。
得点計算になります。
結果は31-23でわたしの勝ちでした。

所要時間:インスト込み70分ほど

……正直、初回プレイではルールや挙動の確認、コツを掴めるかどうか、と言ったところでしょうか。
ここまでの評価では7/10にしようと思いました。

IMG_9351
というわけでそのままリプレイ!
結論からはっきり言うと
2回目以降の方が面白く、良い勝負ができました!

IMG_9352
結果は星を獲得していた妻の勝ち!

2ゲーム目は所要時間40分ほどでした。



感想

というわけでリプレイにより評価が上がったキュリオスカーゴです。

かなり独特なプレイ感なので、初回では戸惑うことも多いでしょう。

特に自分の出荷がゆくゆくは相手プレイヤーの入荷に繋がる点を良く考えないと、戦略的に不利になりかねません。また、相手の出荷に合わせることも重要になってきます。
勝利条件も特殊で面白いですね。必ずしも得点勝負にならない点がゲームに緊張感をもたらしてくれており、唯一無二のプレイ感を生んでいます。

ぜひ1度だけのプレイで判断せずに繰り返し遊んでみてほしいタイトルです。個人的にはかなり気に入っており、終わった後も戦略の考察を頭の中で行っていました。妻もリプレイではトラックを上手く配置して、出荷〜入荷を効率良く行っていましたね。

個人シートには複数パターンあり、上級ルールもヴァリアントとして含まれています。長く楽しめそうですね!



購入情報

わたしはテンデイズゲームズさんで購入しました。
投稿時点、売り切れのようです。
再販されると良いですね。
SUBBOXさんでは取り扱いありますね!



関連レビュー
よろしければこちらも!












コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット
顔
星