ガンジスの藩王とは

2〜4人用
ワーカープレイスメントゲーム

プレイヤーはインドのとある領の藩王となって、誰よりも発展することを目指します。


海外では2017年に発売されており、最近になって日本語版がリリースされました。
いかつい箱絵に若干とっつきにくい要素がありますが…
先に言っちゃうと2人でもめちゃくちゃ面白くてオススメの作品です。個人的には去年のダイナソー・アイランド以来のヒットですね。



面白いと感じた点も含めて、今回はガンジスの藩王を紹介していきます!


ゲームの流れ

IMG_3303
セットアップ
色鮮やかで美しいコンポーネントですね。

IMG_3304
個人ボードとカーリー像を受け取ります。
箱絵にもなっていますね。
獲得したダイスをカーリーの手に乗せます。
なんだか可愛く見えてきました。笑

IMG_3305
メインボードは両面仕様です。
こちらは2人用
裏は3〜4人用になってます。
人数によって調整ができるのは嬉しいですね。

メインシステムはみんな大好きワーカープレイスメント
ワーカーを各種アクションスペースに配置して、アクションを行います。
アクションは大まかに4種類。


①建設
IMG_3306
ボード上のお金を支払います。

IMG_3307
ストックから州タイルを獲得。
左上のダイスのコストも支払います。

IMG_3308
自身のボードに配置していきます。
新しいタイルは常に1本の道が邸宅に繋がるようにしなくてはなりません。
ボード端のボーナスに到達すれば獲得です。

IMG_3311
特定の建物を建設すると名声点を獲得できます。




②市場IMG_3309
自身のボードを参照。

IMG_3310
選んだ店によって収入を得ます。
支払ったダイスの目の数まで店を選べます。


③宮殿
IMG_3312
IMG_3313
IMG_3314
ダイスを獲得する時は対応のものを共通ストックから、ダイスロールしてから手に入れますよ。

④川
IMG_3315
お金、ダイスを支払います。
支払ったダイスによってが進めるマス数が変わります。

IMG_3316
到達した点のボーナスを得ます。



全プレイヤーがワーカーを置ききったら、ラウンド終了。
ワーカーを回収し、次のラウンドに。

IMG_3317
ゲーム中、いつでもカルマを支払うとダイスを裏返すことができます。

IMG_3318
IMG_3321

IMG_3320
特定のお金、名声点、川マスを手に入れると新たにワーカーを増やすことができます。
※ワーカーは2つまで増やせます。


IMG_3322
いずれかのプレイヤーの
名声点&お金トラックが交差したらゲーム終了トリガー。
それぞれのトラックは逆行しています。

スタートプレイヤーの1つ前まで1手番行ってゲーム終了。
同ラウンドで交差したプレイヤーが複数いれば、その差が大きい方の勝ち。
1人しかいなければそのプレイヤーの勝ちです。




夫婦2人でプレイ

IMG_3339

それではスタート!
初期資源のダイスですがあちらは
5×2,6×2
わたしは
2×2,3,6
です。
出目が必ずしも大きい方が良いわけではないですが、選択肢が広がるのは事実。
大丈夫か?笑

IMG_3340
わたしが青、妻が赤です。
最初はとりあえず…増員を目指しましょうか。
ワーカープレイスメントにおいてワーカー数は大事ですからね。

IMG_3341
本作のダイスの重要性は言わずもがな。
各種支払いに必要です。
多いに越したことはありませんね。

IMG_3342
道がボード端のボーナスに繋がると獲得できます。これも狙っていきましょう。

IMG_3346
なんかあっちの出目強すぎん?イカサマ?笑

IMG_3348
ダイスの出目が大きければ、豪華な州タイルを獲得できます。そうすると収入も増え良いことづくめ。
妻が先にお金トラックで4人目のワーカーを手に入れました。

IMG_3351
わたしも頑張って建設しますよ!
建設時にお金もしくは名声点が手に入ります。

IMG_3353
ダイスを裏返せるカルマもある程度あると便利ですね。

IMG_3355
よしよし、今度はこちらがお金を稼いできたぞ。
建築時に得られる名声点も増やしておきましょう。

IMG_3357
かなり展開していますね。
あれはもらえるものはもらっておこうという妻のボーナスへの意地が見えます。笑

IMG_3360
2人とも名声点により最後のワーカーを獲得。
収入、ワーカーが増えることで中盤から一気にゲームが加速していきますね。

IMG_3364
川トラックから得られるものも馬鹿にはなりません。
どれも魅力的なのでついつい停まらたくなってしまいます。
先に行くほど豪華になるので、ある程度は勇気を持って進めましょう!

IMG_3367
お金、名声点のトラックが近づいてきました。
これは目に見えてハラハラしますね。
自分と相手、どちらが先に交差するか、
まだわかりませんよ!

IMG_3368
建物からの名声点を狙っていきましょう!
名声点を1上げるごとに、お金トラック2スペース分進むので、有効な気がします。

IMG_3370
なんだか緑と紫のダイスを随分持っているな…。
これは嫌な予感がします。

IMG_3371
かなり大胆に建設を行ってきました!
これは一気に勝負を決める気です。

IMG_3372
もう少し続くかと思ったのですが…

IMG_3373
一気に終了トリガーを引かれてしまいました!
しかし!あちらがスタートプレイヤーなのでわたしにもう1手番ある!
どーしよ!

IMG_3374
うーん、うーん、うーん、
だめだ…有効な手がない!
苦し紛れに川アクションでお金を獲得…!

IMG_3375
わたしはゲーム終了条件を惜しくも満たせず…。


IMG_3376
個人ボードの見た目よりは良い勝負だったように思えます。笑

わたしの負け。

所要時間インスト込み70分ほど



感想

これはめちゃくちゃ良いですね!

初回プレイでこんなにも気に入ったのは久しぶりです。妻もかなり楽しんでくれた様子。^ ^

タイルを置いていく個人ボードや独特なゲーム終了条件の個性を発揮しつつ、ベースはオーソドックスなワーカープレイスメントゲームとして構築されています。ボードゲームに少し慣れている方であればすんなりと導入できます。

ダイスを資源として扱うのも面白いですね。
基本的にはほとんどの情報が公開のため、実力差が出そうですが、このダイスの運要素も絡んできます。ガチガチの勝負になりすぎず、出目に一喜一憂しながら盛り上がれますね。

ゲームボードが2〜4人それぞれの人数に対応しているのもポイント高いです。しっかりとプレイヤー同士の絡みが発生し、対人でワーカープレイスメントゲームをしている感覚を充分に堪能できました。

ラウンド終了時の処理も少ないのも良いですね!スタートプレイヤーを代わって、ワーカーを回収すればすぐに次のプレイを再開できます。

基本的に褒めてばかりの当ブログですが、
本当に自信を持ってオススメできる作品です。
ぜひ、気になる方はチェックしてみてください。^ ^



購入情報

投稿時点、ふるりん本舗さんでセット割開催中のようです!