クイーンドミノとは

2〜4人用 タイル配置ゲーム
ドイツ年間ゲーム大賞2017で大賞を受賞した
キングドミノの派生作品。

もちろんキングドミノも面白いのですが、

ルールがシンプルすぎて少し物足りない…
という方にクイーンドミノはうってつけ!
基本ルールはそのままに様々な要素が追加となっています。

2人もしくは4人がベスト人数とされているので、2人プレイが多い我が家ではかなりの稼働率を誇る作品です。

今回はクイーンドミノの紹介をしていきますよ!


巨人の時代拡張のレビューも!


ゲームの流れ

IMG_1049
プレイヤーは自身の城を1つ持ちます。
ここから自分の王国を展開していきますよ。

IMG_1050
タイルを裏面の数字順に並べます。
数字が大きいタイルほど、勝利点が高くなるように設定されています。

IMG_1051
並べたタイルを表にします。
1×2マスで地形が描かれていますね。
このタイル、紙製ですがしっかりとした厚みがあり質感がとっても良いんです。

IMG_1052
2人プレイだと1人2つのコマを使用します。
最初の手番では
先手→後手→後手→先手
の順で任意のタイルの上に自身のコマを配置します。
新たに4枚のタイルを並べておきましょう。

IMG_1053
数字の低い順に手番は進行します。
先程の場合、オレンジのコマが最も低い数字のタイルの上にあったため、タイルを獲得し自身の王国に配置します。
その後、新たに公開されたタイルの内、任意の1つにコマを配置します。
おわかりでしょうか?
勝利点の高いタイルほど手番が後になるように設定されているのです。これがうまくできていますね。

IMG_1054
獲得したタイルはそれぞれの地形が一致するように置かなければなりません。配置できないタイルは捨てます。
城の隣のスペースにはどんな地形でも配置できます。
王冠が描かれていますね?
その地域の王冠の数×地形のマス数が勝利点になります。
黄色の地形の場合、
王冠の数1×地形のマス数4=4勝利点となります。

ストックのタイルが補充できなくなったらゲーム終了。
タイルからの勝利点と3コインにつき1点を得ます。

2人プレイの場合、7×7の範囲に地形を収めないといけません。




ここまではおおよそキングドミノの内容です。
以下クイーンドミノならではの要素になります。

IMG_1055
プレイヤーはたった今配置した地形に兵士コマを任意で置くことができます。
配置した地形のマス数×1のコインを獲得します。(徴税)
この場合、4コインになりますね。

IMG_1057
コインは建物を建設するために使用します。建物は勝利点になるものや、追加のコマを得るものなどがあります。
空きができたら、場のタイルを補充するタイミングで右詰めに補充します。

IMG_1058
オレンジの地形を配置した際に建物を購入します。ディスプレイの建物タイル1つを選択し、裏返して自身の王国に配置します。

IMG_1059
建物には塔が描かれているものがあります。
自身の王国にある塔の数が最多のプレイヤーのもとには女王がやってきます。
女王は勝利点計算の際に任意の地形に置くと王冠1つとしてカウントできる他、
建物の購入コストが1コイン値引きになります。
便利ですが、他のプレイヤーの塔の数が最多になった途端、そのプレイヤーのもとへ移動してしまいます。
(同数最多含む)

IMG_1060
ドラゴンは手番に1回、任意で発動できます。
1コイン支払うと建物タイルのディスプレイから任意の1枚を破棄することができます。
どうしても取られたくないタイルがある時に有効ですね。


それでは実際にプレイしてみましょう!



夫婦2人でプレイ

IMG_1061
最初のタイル。
とりあえず勝利点になるものを…。
次のラウンドでは必然的に余り物を掴まされます。笑

IMG_1062
とったタイルを配置します。
最初は城に接しないといけません。

IMG_1064
建物タイルは裏面の数字が大きいことが多いです。
勝利点が高かったり、兵士や塔が手に入ったりしますからね。
王冠がついていれば、勝利点も計算できます。

IMG_1065
徴税を行っておきます。
よほど間違えない限り、お金にはあまり困りません。

IMG_1067
あちらが先に塔を建てたので、女王を取られました。
この女王、ゲーム中行ったり来たりなので割と尻軽です。笑

IMG_1069
7×7に全て置くのは意外と難しいです。
1つでも捨てたら達成できません。
縦は7列に到達してしまったので、
横で調整しましょう。
城に接するスペースは緊急用に温存です。笑

IMG_1071
塔2つになったので、女王が来ます。

IMG_1073
すかさず取り返されました。笑

IMG_1075
最終形をイメージしていきます。
7×7に置ききることが目標ではないですが、
やはり狙いたくなりますからね!


IMG_1077
タイルのめくれは運なので、
このように勝利点付きが一度に多く出ることも。

IMG_1079
わたしの横列はこれで終了です。
女王を再び取り返しました。
まだ全て置くチャンスはありますね。
お互いの王国が出来ていく様子を眺めてるだけでも楽しめますよ!

IMG_1083
思えばドラゴンは起動しませんね。笑
自分の王国を作るのが楽しいので、
あまり相手を妨害する気にならないのかもしれません。

IMG_1085
またまた女王取られました。
王冠1つ分になるので、できれば最後はキープしたいんですよねぇ。

IMG_1086
次が最終ラウンドです。
わたしは……残り物確定ですね。手番的に。笑

IMG_1087
よし!このタイル獲得なら!

IMG_1088
7×7に全て配置できました!
置ききれないで終わることが多いので、
これは嬉しい!
見た目に美しいですね^ ^

IMG_1089
!!!
あちらも全部配置できたようです!
さすがわたしの妻…。笑
女王は結局取り返せませんでした。

果たして得点は…




136-126で勝利!
良い勝負でしたね!
あちらは王冠なしスペースをいくつか作ってしまったのが効いたようです。


所要時間25分ほど



感想

少しボードゲームに慣れた方や、大人同士でしたらキングドミノではなくこちらのクイーンドミノが圧倒的にオススメですね。

追加要素の建物とそれに付随する塔、兵士、女王の要素がうまく絡み合って、より深いゲーム性を生み出しています。
建物はある程度種類があるものの、どれも複雑ではなく、公開情報なので都度確認すれば理解できそうです。

ベスト人数は2人なのではないでしょうか。
多人数プレイももちろん楽しめそうですが、
7×7の巨大な王国を作成できるのは2人プレイだけです。
色とりどりのタイル達による美しい王国が建国できると壮観ですよ。^ ^

大事なポイントとして、コンポーネントの質がとっても良いんですよね。
タイルはしっかりと厚みがあり、印刷もくっきりなので触って並べていくのだけでも満足感があります。


プレイ時間も程良く、見た目にも楽しいとってもオススメの作品です。



購入情報