マリポーサ 天翔ける胡蝶の夢 とは

2〜5人用 中量級ボードゲーム 
かの有名なエンジンビルドゲームであるウイングスパンの作者エリザベス・ハーグレーブの作品。
戦略的でオシャレな双六ゲームです。

ウイングスパンのレビューもどうぞ!
今回のテーマはオオカバマダラの大陸移動。
3季節に渡る彼らの旅路をテーマとした、
アートワークも美しい作品。
ルールも複雑でないので、ご家族でも楽しめますよ。

今回はマリポーサを紹介していきます!


ゲームの流れ

FullSizeRender
セットアップ
メインボードと各種カード、トークンを用意。
プレイヤーはアクションカード2枚と一色の蝶コマセットを受け取ります。
ミチョアカンに第1世代の蝶を置いてスタート。

IMG_1537
手番でできることは
手札を1枚プレイして、山札から補充するだけ。
主に蝶が移動するもの。
止まった先のマスにより、様々な効果が適用されます。
花のマスに止まれば対応した花トークンを獲得。

IMG_1542
IMG_1543
トウキビに隣接したマスに止まれば、コストを払って次世代の蝶(数字が1つ大きい)が繁殖します。

IMG_1539
IMG_1547 
目的地タイルに止まれば生活史カードやボーナスアクションカードが手に入ります。
生活史カードは1枚1点になる他、同じ色の4枚が揃うと対応した効果が得られます。

IMG_1540
ゲームは春、夏、秋の3シーズンを行います。
シーズンごとに目標が設定されており、条件を満たすと勝利点を獲得できます。
それぞれの目標は季節の変わり目に公開されます。

IMG_1556
秋が終わったらゲーム終了。
第4世代の蝶がミチョアカンまで戻ってきていれば追加で勝利点を得ます。
最も勝利点の多いプレイヤーの勝利。

それではやっていきましょう!



夫婦2人でプレイ


IMG_1592
わたし:青
妻:白
ゲームスタートです!

IMG_1593
春の目標。
春終了時に
ローレンスより北の赤マスに2頭
もしくは
ヒューストン東の黄マスに2頭
でそれぞれ6点になります。
1つの目標は重複して達成はできないので、
春の目標を全て達成しても12点がマックスですね。

IMG_1594
手札はこんな感じ。
さて、大陸移動していきますよ!

IMG_1595
早速繁殖していきましょう。
季節の変わり目に古い世代の蝶はボードから除外されてしまいます。
備えて増やしておいた方がいいでしょう。

IMG_1596
手札のカードが被ってしまった場合は、
公開することで1〜2枚捨て札にし、引き直すことができます。

IMG_1597
1枚引き直しました。
遠くまでいけるカードは重宝するので、
これはラッキー!

IMG_1600
あちらは生活史カードのマスに止まりました。
単純に点になるので、集めておいて損はないですね。

IMG_1598
それぞれのプレイヤーが一定数の繁殖を行うと、
次の季節の目標が公開されます。
今後の指針となるので、早めに公開される方がありがたいです。

IMG_1605
春終了時は同点!

IMG_1608
季節が進むと繁殖した蝶達がより広範囲に移動していきます。

IMG_1609
早くも秋の目標カードが公開されました。
ゴールに戻す蝶と、目標達成の蝶をやんわりと意識していきます。

IMG_1610
自分もしくは相手のプレイしたカードをコピーする効果もあります。
選択肢が単純に増えるため、強力ですね。

IMG_1611
あちらは生活史カードをかなり集めてます。
4点です。
あまり差をつけられたくないですね。

IMG_1615
いよいよ秋!
なんと現時点でまだ同点。

IMG_1618
ゴールに帰れる第4世代の蝶を選んでいきます。
帰れない子達はせめて勝利点になってもらいましょう。笑

IMG_1619
大きく動けるカードが欲しい!
ゴールに戻すのは中々難しいですね。

IMG_1621
第4世代の蝶をさらに繁殖させると2匹分になります。
勝利点計算をする際に2匹として数えられますよ。

IMG_1622
お互いに残り1アクション!
わたしの蝶は帰ってこれました。

IMG_1625
あちらもギリギリ間に合いましたね。
ただ、得られる勝利点はそれぞれ7点、3点。
少ししょっぱい(^^;)

IMG_1624
盤面にはこれだけ蝶が残りました。
果たして結果は…?

IMG_1627
IMG_1626
29-31!
生活史カードで逆転されてしまいました(^^;)
終始良い勝負でしたね!

所要時間40分ほど



感想

カードを使う双六ゲームということで、最初にイメージしたのはエルドラドを探してでした。ただ、エルドラドより運要素が強くファミリー向けな印象を受けます。2人プレイだとエルドラドに軍配が上がりますね。
カードは使わないと引き直しが原則できないので良くも悪くも運に左右されますね。

それでいて戦略性がないわけではなく、季節ごとの目標と最終的なゴールをうまく達成しようとすると、
手札にキープできる実質2枚のカードでいかにうまくやりくりするかが肝になってきます。

それぞれを狙うとなるとテーマにも合ったオオカバマダラの大移動を体験することができます。
システムとテーマがうまくマッチしていますね。

2人プレイだと目標タイルのめくれが自然に減るので、生活史カードコンプリートを狙うのが若干難しくなります。
他人を妨害する要素はほとんどないため、人数によるプレイ感が変わるのは上記の点くらいでしょうか。

夫婦やカップルなどでものんびりと楽しむことができますよ。^ ^



購入情報

駿河屋

Amazon
アークライト マリポーサ 完全日本語版 (2-5人用 45-75分 14才以上向け) ボードゲーム