オーディンの祝祭 拡張 ノース人とは

1〜4人用 ウヴェ・ローゼンベルグ作
超重量級ワーカープレイスメントゲーム

以前に基本セットの2人プレイレビューを投稿しています。本記事は変更点を中心に記載してますので、よろしければ先にご覧ください。

ノース人拡張はその出来の良さから、
オーディンの祝祭完全版と評されることもあります。
大量のルールが追加されるわけではないので、最初のゲームから導入してしまっても良いくらい。
どうせ基本ゲームの要素も膨大ですから、拡張の分なんてなんとでもなりますよ。笑

ソロでも2人と大きくプレイ感は変わりません。
時間のかかるゲームなので、1人で黙々とハイスコアを伸ばしていくのも抜群に楽しい作品です。

今回はオーディンの祝祭 ノース人を紹介していきますよ!


セットアップ〜ソロプレイダイジェスト

FullSizeRender
相変わらず超絶的に場所を取ります。
セットアップだけでも10分以上かかる作品ですからね。覚悟して臨みましょう。笑

IMG_4265
メインボードは丸々差し替えです。
縦列が5になりました。
5列目はそのラウンドの最後から1〜2人目のワーカーしか置けません。※2人置く場合はまとめて。
相変わらず膨大な選択肢ですが、列によって置けるワーカー数が変わるのでラウンドの終わり頃になると自ずとできるアクションが限られてきます。

IMG_4264
探検ボードも差し替えです。
基本セットと任意のものを選べますよ。

IMG_4266
新しいタイルも何やらたくさん。
収穫のミニ拡張もあり。
ノース人拡張に含まれてないものもありますのでご注意ください。

ソロプレイでは2色のワーカーを使用します。
ラウンド毎に色を交代し、直前のラウンドに配置したワーカーがそのアクションスペースを封鎖します。
なので同じアクションは2ラウンド連続で出来ません。これだけで充分に縛りが効いてますよ。

以下ソロプレイダイジェストです!


IMG_4269
まずは捕鯨船を作って、マン島へ!
基本セットでは商船もしくはドラゴン船でしか出来なかった、探索アクションができるようになりました。

IMG_4271
このマン島、

埋めやすく、ボーナスも出やすい、と
かなり強力な部類に入ります。
早くも2銀貨の収入を確保。


IMG_4272
次ラウンドへ。
黄色ワーカーを使います。
前ラウンドの青ワーカーが残ってスペースを封鎖。

IMG_4273
捕鯨を行なっていきましょう!
良い出目ですね。

IMG_4275
ドラゴン船による略奪も合わせてタイルを一気に獲得!
マン島をもりもり埋めていきます。

IMG_4278
個人ボードも少し手をつけ始めましょう。
最終的にマイナス点をいかに潰すかが大事になってきます。
スカスカだとあまり点が伸びませんからね。

IMG_4279
ワーカーが最後の1人だったので5列目アクションを行います!
2人配置すると手札をプレイできますよ。
使用条件があるため、強力なアクションが多いです。

IMG_4282
個人ボードが良い感じに埋まってきました。
ボーナスが美味しいですね。

IMG_4286
拡張より登場の豚。
繁殖の際に妊娠状態を挟まずに増えます。
2匹揃えばどんどん増殖してくれますよ。

IMG_4287
島が裏返ってきましたね。
※Bの島に2銀貨置いてるのミスです。笑
後半ほど高得点の島が登場するので、
狙っていきたいところです。

IMG_4289
移住も始めていきましょう。
かなり得点効率の良いアクションです。
ゲーム中に何回かは行いたいですね。

IMG_4290
お金を払えばアクション消費しなくても船は買えちゃいます!
これが実はかなり便利。

IMG_4291
ドラゴン船の設計士をプレイ!
先程商船を買っていたので、さらに値引きでドラゴン船も買っちゃいます。

IMG_4292
マン島が埋まりました。
マイナス点が消えて純粋に10点ですね。

IMG_4293
残すはあと2ラウンド。
個人ボードをなんとか埋めていかねば。

IMG_4294
移住もあと何回か行いたいですねぇ。
やりたいことたくさん!

IMG_4295
最後の1〜2人アクションは本当に画期的で便利ですね。
これだけでも拡張導入の余地あります。


IMG_4296
最後の島が裏返りました。
ウォーターフォード。
点もボーナスも豪華です。
獲得しにいきましょう。

IMG_4298
ラウンドの都合上、
ウォーターフォードからボーナスを得るチャンスは1度しかありません。
無理矢理にでも埋めちゃいます!

IMG_4299
捕鯨船による探索だけでなく移住もできます。
5列目アクションに2人ワーカーをおいたのでカードをプレイ!

IMG_4300
出したのは船員。探検ボード2枚持っているので4銀貨を入手。
終了時に銀貨1つ1点になるので、
カードの点も合わせれば実質5点です。

IMG_4301
ウォーターフォードのボーナスによりロングハウスを獲得。
余った黄、赤タイルを無駄にしないように必要です。

IMG_4302
これはミニ拡張のタイルです。
変な形ですが、ちょうど上手くフィット。
パズルが埋まっていくのも楽しいですね。

IMG_4306
移住は合計4回行いました。
これだけで67点。
点を伸ばすには必須のアクションに思えます。

FullSizeRender
最終的に151点でした。
獲得したボードのマイナスは全部埋めることができましたね。
SNSなど見ていると200点を超える方もいらっしゃるみたい!まだまだ精進いたします!

所要時間80分ほど



感想

大満足のひと時でした!
本作はやはり拡張を入れて完成するように思えます。
冒頭でも述べましたが拡張の導入により要素が爆発的に増えるわけではないので、導入は比較的容易です。アクションバランスが基本よりもとれている他、ダイジェストでは触れませんでしたが、使用しない手札を勝利点に変換する方法も追加されました。
これがけっこう便利で、カードのめくれに泣かされることが少なくなりましたね。

基本、拡張共に1〜2人のプレイ経験しかありませんが、本作は間違いなく少人数向きと言えるでしょう。
見通しが比較的建てやすいものの要素が多いのは間違いないため、どうしても考える時間がかかります。
1人でも準備から片付けまで入れると2時間弱ってとんでもないですね。笑
ワーカーを2色使うルールによりソロでも充分に楽しめます。

値段は少々お高めですが、思い切って購入する価値はあります!
好きな方は本当に長く楽しめる作品です。
わたしもオーディンの祝祭は今後も手放す気は一切ないですね。^ ^



購入情報

オーディンの祝祭 日本語版
テンデイズゲームズ






その他ウヴェ作品ソロプレイレビュー






コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット
顔
星