センチュリーシリーズ

今回組み合わせるのはこちら!
センチュリー スパイスロード
センチュリー ニューワールド

それぞれのゲームは資源変換に加えて、
スパイスロード(以下SR)はデッキ構築、
ニューワールド(以下NW)はワーカープレイスメント
といった構成になっていました。


それぞれの記事でルールをご紹介してますので、よろしければ先にご覧ください^ ^

この2つが合わさるとどうなるでしょうか。
早速見ていきましょう!


ルールの変更点

IMG_7962
IMG_7964

セットアップ
メインボードの下半分が変更になり、カードに関するアクションが登場します。

カードがあるアクションマスにワーカーを配置すると、以下の2つから1つを選べます。

・即座に効果を適用。個人ボード下に裏向きにして捨て札にする。
IMG_7971

・効果は使わずに表のまま個人ボード下に並べる。古いカードが左にくるようにする。
IMG_7982
IMG_7987
個人ボード下に並べたカードはいわば、自分だけが使えるアクションスペースになります。
複数枚並べることができます。
細かい配置ルールはありますが、簡単に言うと新しく配置したカードほどワーカーが多く必要になります。
後から欲しいカードを並べたけれど、ワーカー数が足りないといったジレンマに悩まされることになります。


場に並んでいるカードが気にいらなかったらリセットするアクションや、自身のカードの配置を入れ替えるアクションもあります。

IMG_7967
ボーナスタイルもカードに関するものが登場。
所有しているカード2枚につき2点を得ます。
表向きに並べているカードだけでなく、効果だけを適用させて捨て札にしたカードも参照することができます。

IMG_7968
アクション封鎖タイルの余りもゲームに使用し、獲得することができます。

IMG_7980
終了条件はNWと同じく、勝利点カードを8枚獲得するまでです。


概ね以上でしょうか。
詳細はマニュアルをご参照ください!




夫婦でプレイ!

所要時間:40分ほど


それではやっていきましょう。
IMG_7972
せっかくなのでカード系のアクションを行なってみましょう。
ワーカー1人でも行えるので、場合によっては通常アクションより強力です。
IMG_7973
とにかく序盤は増員していきたいです。
初期だとワーカーは7人しか使えないので、あっという間にいなくなってしまいます。

IMG_7971
IMG_7976
カードを捨て札として獲得するのはかなり使いやすい気がします。
ボーナスタイルの点も稼ぎやすいですしね。

IMG_7982
配置しているカードも活用していきましょう。
他人に妨害されないアクションスペースがあるのはやはり有利ですね。

IMG_7990
中盤の様子。
ワーカーの数は負けてしまっています。
勝利点カードもあまり差が開いてしまうと苦しいので、しっかり相手の様子を窺っておかねば。

IMG_7991
IMG_7995
このあたりからボーナスタイルで得点を稼ぐ戦法にシフトしていきました。
カードアクションをかなり行なっていたので、高得点が期待できそうです。

IMG_7988
後半になると勝利点カードの効果で強力なアクションも少ないワーカーで行えるようになります。

IMG_8002
終了時盤面がこちら。
あちらが8枚の勝利点カードを獲得した時点で終了。

しかし結果は
58-55で勝利。
やはりカードボーナスタイルが効きましたね!




感想

これはいいですね!

NWの2人プレイだと強いアクションを抑えられてしまうとパスせざるを得ない場面が多かったのですが、こちらのミックスではいざとなったらカードのアクションが選べるので、より自由度の高いプレイ感を味わえます。
それを緩いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、我が家ではこれくらいがちょうどいいですね。
あまりインタラクションの強いゲームを夫婦でプレイするとギスギスします笑

純粋に行動の選択肢が増えたNWといったところでしょうか。
勝利点カードが取れなくてもボーナスタイルをうまく活用すれば、得点を稼ぐことができるのでよほどでない限り大差がつくことはないと思います。

後半になるとアクションも強化されていくので、資源変換と拡大再生産を同時に楽しめる良ミックスです^ ^



購入情報




スリーブはこちら



イースタンワンダーズ


ゴーレムも!