ナショナルエコノミーとは

1〜4人用 
スパ帝国さんより発売されている、
国産ワーカープレイスメント カードゲーム

プレイヤーは事業家となり、巨大な富を築き上げることを目標とします。
ただ儲けるだけではなく、従業員を養わないとなりません。いわゆるワーカーを扶養するフードデイがある類の作品です。
以前にレビューしたアグリコラと同じですね!
この扶養がとにかくキツく、ドマゾゲーマーのわたしにはピッタリなのですが、妻は本作品を遊んでくれません。笑


遊んでくれなければソロモードで楽しんじゃいましょう!
今回はナショナルエコノミーを紹介していきますよ!





メセナ、グローリーのレビューも投稿しました!


ゲームの流れ

IMG_1629
セットアップ
コンポーネントはカードのみ
プレイヤーは
3枚の手札、
2人のワーカー、
初期資金5ドル
を持ってスタートします。
並べているお金は銀行。
後に出てくる家計とは別のサプライです。

IMG_1630
システムはワーカープレイスメント。
手持ちのワーカーカードをアクションスペースに配置します。
共通の場のカードはいずれのプレイヤーも使用可能です。

IMG_1632
建設アクションを行えば、自分専用のアクションスペースとして建物を建てることができます。
左上の数字がコスト。
その分の手札を捨てて支払います。

IMG_1635
IMG_1631
ラウンドの終わりにはワーカーに給料を支払わなくてはなりません。
金額はラウンドごとに設定されており、
ゲームが進むにつれ高くなります。
支払えない金額分だけペナルティがあるので注意。
給料は家計と呼ばれるサプライに支払います。

IMG_1633
給料が支払えない場合

自身の建物を売却して銀行からお金を得ます。
金額は下部の数字…ソロだとその半分!
売却で得たお金は給料の支払いに充てることが可能。

ゲームは全9ラウンド。
終了時に
勝利点を計算します。
→カード下部の数字+残った金額
勝利点に応じてランク付けされます。

とにかく給料の支払いがキツいキツい。
以下、事業家あるえすの奮闘記でございます。



ソロプレイダイジェスト

IMG_1634
初期手札はこんな感じ。
1番最初の建物はほぼ確実に売りに出される予定です。笑


IMG_1636
消費財は建設コストとして支払うことができます。
建てたい建物があるけど、捨てたくない…
そんな時に便利!
なのですが、全てバナナです。
しかも全部違うイラスト。

IMG_1637
工場を建設しました!
が、給料4ドルを支払うと残金1ドル。
このゲーム、終始こんな感じです。笑

IMG_1638
ワーカーを増やします!
新しいワーカーは次ラウンドになるまで働けませんが、給料は発生します。
先程の工場を売却して、しのぎましょう。

IMG_1640
コスト値引きで建てられる建設会社。
便利ですね!

IMG_1641
が、しかし売却。
清々しいくらいの自転車操業です。笑

IMG_1642
給料の調達手段を用意しないとまずいです!
レストランを建てて備えましょう。

IMG_1645
最初は1人2ドルだった給料も今では倍。
ほんとに生産効率上がってるのか?

IMG_1646
IMG_1647
手数が欲しいので、ワーカーを一気に5人に!
レストランで資金調達していきます。

IMG_1649
製鉄所。
単純にカードを引ける建物は便利です。
もっと早い段階で建てたかったのですが。

IMG_1650
残り2ラウンド。
なんと給料は1人あたり5ドル。
現在5人雇っているので25ドル用意する必要があります。

IMG_1651
レストランや建物の売却によりお金を作ります。
給料を支払えないと不足の1ドルにつき-3点
を喰らいます。
かなり大きいのでなんとしても避けたいところ。

IMG_1653
IMG_1654
このラウンドはなんとかなりました。
最終ラウンドは残り資金3ドルで迎えます。笑

IMG_1655
場にはこれだけカードが並んで壮観ですね。
自社施設は製鉄所と工場のみ。

IMG_1656
勝利点が高く、売却不可の邸宅を建てちゃいます。
従業員から安月給の文句が聞こえてくる気がしますが、知りません。笑

IMG_1657
なんとか最後の給料日も乗り切れそうです。

IMG_1658
手元に残ったのは
邸宅と工場×2
3ドル
安月給でここまで着いて来てくれた従業員
結果は55点!

IMG_1659
買収されました。(^^;)
下から2番目のランク。笑
一流事業家への道は厳しいですね。

所要時間15分ほど



感想

ソロでも充分に楽しめますね。

あーでもない、こーでもない、とコツコツ資金をやり繰りするのが何とも言えない苦しさと楽しさです。
決して楽ではなく、展開も地味ですが不思議な中毒性のある作品なんですよね。

アグリコラと同様にワーカーの数と扶養コストのバランスが絶妙に悩ましく設定されています。
増員のタイミングをうまく図りながらやれるアクションを増やしていく拡大再生産要素を楽しめるようになると、間違いなくハマりますね。

コンポーネントは収納を考えて全てカードです。
コンパクトな箱にぴったり収まっているので、スリーブに入れると元の箱に戻さなくなります。注意。

国産でとっても質の良い作品です。
ゲーマーの方に強くオススメしたい作品ですね。



購入情報

駿河屋

ボードゲームナショナルエコノミー

Amazon
スパ帝国(SPATEIKOKU) ナショナルエコノミー